2016年11月のページ|1万人の生徒を指導した塾長がこれからの教育をマジで語るブログ

神奈川県平塚市八重咲町にある「堀口塾」はJR平塚駅前にあるこれまで1万人の生徒を指導してきた塾長による個別指導塾です。
代ゼミ、Z会東大マスターコース、駒場東邦・攻玉社などでプロ講師として教え、数多くの生徒たちを
東大・京大・早慶・平塚中等など難関校の合格に導いてきた塾長がこれからの新しい教育を本音で語るブログです。

トップページ > 2016年11月

2016年11月の記事 : 1万人の生徒を指導した塾長がこれからの教育をマジで語るブログ

子供の成長を見ていると、子供は手をかけても、かけなくても、勝手に育つものなんだな、と思います。

子供は、どこを一番見ているのかというと、やはり親ですね。一番近い親の良い所、悪い所を見ながら、子供は自然と育つものです。

子供が合格するために、親の成功体験を話してますか?
http://hgjuku.blog.jp/archives/8617424.html

親のことを全部肯定的に取り入れるのではなく、反面教師としてとらえる部分もありますが、それで全然自然です。

一番いけないのは、親が子供の成長を邪魔することですね。

学校も教育も勉強もバブルの考えでは完全に時代遅れ
http://hgjuku.blog.jp/archives/6819153.html
新規生徒募集中。20名様限定、無料体験講習実施中です。
1万人教えたプロ講師の塾長が徹底フォロー 堀口塾のホームページ http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

子供の「伸びしろ」というものは誰もがあると私は考えます。誰だって学校の勉強くらいは理解できるものと思います。

ただ、理解の仕方は人それぞれで、時間をかけて理解する子もいれば、すぐに理解してしまう子もいます。理解のスピードですが、それは個人で差があって当然でしょう。

しかし、そこで大事なのは、まずは、

その子のペースに合わせる

ということです。

中学受験と大学受験、どちらが大切ですか?
http://hgjuku.blog.jp/archives/5447437.html
新規生徒募集中。20名様限定、無料体験講習実施中です。
1万人教えたプロ講師の塾長が徹底フォロー 堀口塾のホームページ http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

よく中学受験の難関校を受けるお子様が、

“難しい問題は解けるけど簡単な問題が解けない”

という話しを聞きます。

本質的に理解をしていれば、このようなことは起こりません。

もし、こういうことが起こったら、これまでの勉強の仕方が、あまりにも“受験向き”だったということ。

つまり、1問1問しっかりじっくり考えるような勉強ではなく、ただ量をこなすような詰め込み型の勉強だったということです。

中学受験する子は暗記に頼って自分の頭で考えなくなってしまう
http://hgjuku.blog.jp/archives/4330315.html
本当に子供が理解する授業というのはどういう授業なのか?
http://hgjuku.blog.jp/archives/5798682.html

新規生徒募集中。20名様限定、無料体験講習実施中です。
1万人教えたプロ講師の塾長が徹底フォロー 堀口塾のホームページ http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

土日は平塚市少年サッカー選手権大会という大きな大会で、大神グランドへ行ってきました。我が港FCは、その準決勝戦で強豪FCアルファさんと対戦しましたが、いやいや、すごく良い試合でしたねー。

image


そんな強豪相手に我が港FCはすごく良かった。試合の方は両者互いに譲らずで0-0で後半戦へ。コーナーキックから、ふとした瞬間に決められてしまいましたが、そのあとも崩れず試合は続き、残念ながら0-1で負けてしまいましたが・・・本当に良い試合でした。

平塚のサッカー少年が堀口塾にやって来た
http://hgjuku.blog.jp/archives/8528234.html
少年サッカーの選手権大会と祝勝会
http://hgjuku.blog.jp/archives/8486036.html新規生徒募集中。20名様限定、無料体験講習実施中です。
1万人教えたプロ講師の塾長が徹底フォロー 堀口塾のホームページ http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

もう11月まということで入試本番が迫ってきました。もうここまで来たら、やることはやった、というわけですから、開き直るのが一番です。ガツガツやるよりも、リラックスすることが大切です。変にプレッシャーを子供に与えると本領を発揮できなくなりますからね。ゆっくりご家族で温泉に行かれると良いと思いいますよ。

受験では当然、合格して欲しい。それは当然のこと。しかし、たとえ失敗したとしても、それが人生、必ず後に良いことが待っていると思います。

実際、私も大学受験の時そうでしたし、自分が2浪したからこそ、生徒たちに頑張って欲しいと思えるんじゃないかと思います。2浪は正直楽じゃなかったですよ。けど、良い経験だった。多分、ストレートに合格していたら、そこまで子供のことを思えなかったでしょうね。

やっと大学に入れたらすごく楽しかったですね!たくさんの友人達と出会えたし、ウインドサーフィンもやるようになって、今、平塚にいるのも大学時代に知り合った友人のおかげだし。難しいと言われる量子力学も私にとってはすごく面白かった。そして教員免許を取得しました。新規生徒募集中。20名様限定、無料体験講習実施中です。
1万人教えたプロ講師の塾長が徹底フォロー 堀口塾のホームページ http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

昨日、子供のサッカーチームのパパさんと、話したのですが、やはり、

子供をどう育てるか?

という話が主な話題になり熱く語り合いました。

サッカーのことから、
学校、塾や教育、子育てなど、
色々な話題が出まして、楽しいひと時になりました。

私が塾をやっているということもあって、
教育に関しては色々と話しました。

“知識の詰め込み主義”や“受け身の授業”は絶対によくないよね

という話になりました。

しかも、そこでは終わらずに、なぜ良くないのか?という話になりました。新規生徒募集中。20名様限定、無料体験講習実施中です。
1万人教えたプロ講師の塾長が徹底フォロー 堀口塾のホームページ http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

冬休みはあまり長くはないので、
欲張らずに勉強するのがポイントです。

休みの期間は、あれもこれもと欲張りがちですが、
落ち着いて、できるものを確実に。

夏休みなどもそうですが、
長期休みの期間は、
復習や苦手教科などテーマを絞って
勉強する期間として利用するのがおすすめです。

特に冬休みは短いので、
復習のみに絞って学習するのに、
ちょうどいい期間じゃないかと思います。新規生徒募集中。20名様限定、無料体験講習実施中です。
1万人教えたプロ講師の塾長が徹底フォロー 堀口塾のホームページ http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

中学校の子供のスマホの容量がいっぱいになってしまい、アプリが何も入らなくなってしまった、写真が保存できない、ということでスマホを新機種にしました。

実は、はじめスマホを渡した時は、連絡がメインにするから容量は最小限で大丈夫だろう、と思ったのですが、アプリ自体の容量が多くなったり、方式が変わったりして、節約しても気持ちよく使うにはメモリが足りなくなってしまったんですね。新規生徒募集中。20名様限定、無料体験講習実施中です。
1万人教えたプロ講師の塾長が徹底フォロー 堀口塾のホームページ http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

先日、ジャージを着た中学生が塾が終わって楽そうに集団で帰る姿を見ました。この子達の成績って、どれくらい上がっているのだろうか?なんて余計なことを考えながら自転車で通り過ぎました。

さて、うちの塾は塾生で知り合い同士はいますが、仲良く一緒に通う子はいません。たとえ仲良しでも、集団授業でないので、個人個人で通塾時間が異なるから行動は別々です。というか、私は“勉強は孤独なもの”なのでそれで良いと思っています。

お子様の成績を本気で良くしたかったらどうすべきか?
http://hgjuku.blog.jp/archives/5399646.html
勉強で大切なのは、孤独でも不安でも周りに流されない強さ
http://hgjuku.blog.jp/archives/4935672.html
新規生徒募集中。20名様限定、無料体験講習実施中です。
1万人教えたプロ講師の塾長が徹底フォロー 堀口塾のホームページ http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

今日は雨が振りそうなお天気です。

先ほど、ビラ配りをしましたが、犬の散歩をしている少年に出会って

「あれ?今日は小学校が休みかな?」

と思って少年に聞いてみたら、

「花水小学校はお休みです」のことでした。

さて、先日、サッカー少年が塾に入った記事を書きましたが、

お子さんを大きく育てたい、というお母さんの夢も面談の時に聞くことが出来て、私も手助けできればいいなぁ、

と思いましたね。

子供が幸せになって欲しい、というのは、親の願い、一大人の願いでもあります。

やはり、小学生のときは、子供が本当に好きなことを思い切りやらせるのが一番だと強く思います。

新規生徒募集中。20名様限定、無料体験講習実施中です。
1万人教えたプロ講師の塾長が徹底フォロー 堀口塾のホームページ http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

短期集中なんてやめておけ、

無理だから!!

って、私は言います。


短期集中?!

聞こえは確かにカッコイイ。

短期間に集中して“本当に”身につくのか?

そういうものではないと思う。

勉強だって、何だって。
新規生徒募集中。20名様限定、無料体験講習実施中です。
1万人教えたプロ講師の塾長が徹底フォロー 堀口塾のホームページ http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

この冬、塾長とガチで熱く過ごそう!!!

冬期講習だけに気合いを入れても、
たった2週間ですから、
今までの学習の流れを変えず無理なく少し多めに学習時間を作る
というやり方が効果的なんです。

短期集中でやってもすぐ忘れてしまう、これでは意味がありません。

冬期講習はしっかりと無理なくやりましょう
http://hgjuku.blog.jp/archives/9077096.html

堀口塾ホームページブログでも書きましたが、
冬期講習に関する内容は以下の通りになります。

新規生徒募集中。20名様限定、無料体験講習実施中です。
1万人教えたプロ講師の塾長が徹底フォロー 堀口塾のホームページ http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

天気がいい日でしたが、いつもの花水小学校→134号線海沿いコースを軽くランニングして、自宅で久しぶりにビリーズ・ブートキャンプでワーク・アウトしました。

やっぱり私は体動かさないとダメな性質なんです。

image


ところでビリーズ・ブートキャンプとかビリー隊長ってご存知ですよね?

何年か前にすごく流行りました。

DVDのセットとビリーバンドを持っている方って結構いらっしゃるのではないかと思います。

新規生徒募集中。20名様限定、無料体験講習実施中です。
1万人教えたプロ講師の塾長が徹底フォロー 堀口塾のホームページ http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

受験での学校選びは

「学校は偏差値で選ぶのではなく、その学校に行きたいかどうかで選ぶこと」

と私はいつも言っています。

特に中学受験では“その学校に行きたいかどうか”が一番大切と思いますが、そういうご家庭は、ほとんどないでしょう。

ちなみにうちは本人が行きたいから受験しました。私は「行きたいならどうぞ、がんばって」といった感じでした。

私はやっぱり毎日通う学校は好きで行きたいと思わないと、入る前も入った後もキツイと思うんですよね。

別の記事でも書きましたが、

偏差値が高いからといって良い学校とは限りません。

また、偏差値だけで選んだよく知らない学校へ子供を放り投げるなんて、何て無責任なんでしょう、と思います。

新規生徒募集中。20名様限定、無料体験講習実施中です。
1万人教えたプロ講師の塾長が徹底フォロー 堀口塾のホームページ http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

教育にお金をかけ過ぎる家庭が子育てに失敗する時代


ついこの間までは、大手の進学塾や予備校に多大なお金をつぎ込んで子供を通わせ有名私立中学に入れることが「良し」とされていました。また、今でもそういう風潮があります。つまり、“お金をかければ良い教育が受けられる”と思われてきましたが、全くそうではない、と私は思います。そのような環境で育った子の多くは、はっきり言わせてもらえば、ろくな人間に育ちません。

偏差値の高い私立中学に子供を行かせるために、子供の大切な成長期なのに、大手進学塾の詰め込み暗記教育をさせてしまうと、自分では何も考えられなくなる子供になってしまうからです。

偏差値や合格実績にとらわれている塾の中身は実は大したことがない理由
http://hgjuku.blog.jp/archives/5188539.html
中学受験する目の死んだ子供たちを見てきて思ったこと その1
http://hgjuku.blog.jp/archives/4847147.html
中学受験する目の死んだ子供たちを見てきて思ったこと その2
http://hgjuku.blog.jp/archives/5164351.html

偏差値は高いんだろうけど自分じゃ何も行動できない中学生や高校生たち・・そういう子供たちを現場で見てきて本当にそう思いました。

そんなのは良い教育と言えますか?新規生徒募集中。20名様限定、無料体験講習実施中です。
1万人教えたプロ講師の塾長が徹底フォロー 堀口塾のホームページ http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

↑このページのトップヘ