東京大学 安田講堂


日本にはなかなか良い私立がないと思います。というか、子供をぜひ行かせたい、という私立が少ないです。みなさん、学校を偏差値とかネームバリューだけで選んでいるのではないでしょうか?

日本は「偏差値至上主義」、つまり、「偏差値が高い=良い学校」とみなしがちです。しかし、それはとんでもない!

表の顔は偏差値が高い進学校、しかし、中に入ってみれば、いじめが非常に多く、しかもそれを隠蔽する学校だった・・・って信じられますか?しかし、そういう学校は実在します。

また、確かに偏差値の高い子は、与えられたことはしっかりとできるかもしれませんが、それだけで終わってしまうのも実情です。



堀口塾では新規生受付中です。お申し込みはお早めにどうぞ! 2週間無料体験

私立中学に入るために、小学生で無理やり詰め込み学習をした子は、もうすでに壊れています。だから、高偏差値の私立にはヘンチクリンな生徒も多い。その本人のもともとある力が最大限に発揮できるケースはほとんどないと言えます。

その子のいいところを引き出してくれる教師は今の時代、皆無ではないかと思います。昔はいましたけどね。

しかし、親はそれに気づかずに、偏差値、偏差値・・とバカのひとつ覚えのように言ってます。「御三家」とかいう言葉がありますが・・・一体どこですか?だから何?と私は思います。

たくさんの情報を喉から手が出るほど欲しがる親も多いですが、大手進学塾の情報も偏差値基準です。そんなもん知らないほうがマシです。

かつて都内の伝統校に通った友人が「最近は母校も変になってきている」と言っていました。そういう時代なのかもしれません。

時代はどんどん変わりますが、学校の中身は私立という性質上全然変わりません。というのは、卒業生を優先して教員採用し、異動がないクローズドな世界だからです。教員の出入りが激しい私立もありますが、そういう私立はブラックですから絶対に子供を行かせないほうがいい。

皆さん、私立、私立と言うけれど、いろいろあるんです。

ネームバリューではなく、偏差値でもなく、子供に合った学校を親も一緒になって考え、学校へ積極的に足を運び、そして選ぶべきなのです。子供が「絶対その学校に行きたい!」と思える私立に出会えたら、それはもう本当に宝を探し当てたと同じことです。

今時、偏差値、偏差値・・と追いかけている方は、時代遅れになってしまいます、というか、もうすでに時代遅れになっていると思います。

偏差値だけにとらわれず、お子さんに本当に合う学校を探して欲しい、と、心から思います。

☆堀口塾の近況は
平塚の個別指導塾堀口塾のFacebookページ
よりどうぞ

☆2019年度平塚中等対策コース(6年生・5年生・4年生 人数限定) 5年生・4年生募集中
詳しくはこちらのページよりどうぞ。

☆新規生徒受付中!小学生10名限定、中学生・高校生10名限定
お申込み・お問い合わせは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/

ブログランキング
クリックのご協力をお願いいたします!!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村


※ブログの内容に関しまして、お電話やメールでのご質問は受け付けておりません。ご了承下さい。