志望校、偏差値


先日、せっかくそれなりの高校に合格したのに入った後の成績がパッとしない、という記事を書きました。それはなぜなのか?わかりましたでしょうか。

そこそこいい高校に入っても勉強についていけなくなる子たち
http://hgjuku.blog.jp/archives/23876546.html

という記事ですが、先日アップしたらアクセスランキング1位になりました。

それなりの高校に合格したのに入った後の成績がパッとしない・・そうなった理由の一つに、第一志望を偏差値だけで決めてしまった結果、があります。大手進学塾に行くとそういう傾向になります。私がその記事で書きたかったことはまた別のことなのですが・・。

さて、みなさんは志望校をどのように決めているでしょうか?



堀口塾では新規生受付中です。お申し込みはお早めにどうぞ! 2週間無料体験

やっぱり偏差値ですよね。しかし、偏差値ばかりで決めてもいけません。偏差値で合格しても、その子に合った学校でなければ、行っても途中で不登校になったり、退学したりする可能性もあります。親が、大丈夫と思っても、子供の感じる部分は違います。

うちの塾での志望校の決め方は、まずは、本人の行きたい学校であるかどうか?を最優先し、それと、学校の面談での先生の意見を、聞いてから決めています。

志望校を偏差値だけで決めるのはやめた方がいい。そんなやり方は、欲しいものを値段で決めるようなものです。安いから買うとか、高いから買えない、とか。そんなことは学校選びでやってはいけない。値段が高くても本当に欲しいなら買うものでしょう。ましてや一生に関わる学校ですから。

志望校を偏差値だけで決めるのは大手進学塾のやり方です。しかし、それには理由があります。人は、大手進学塾の人たちは、学校の内部のことは何もわからない、からなのです。私は学校にも勤めていましたので、学校というのは、どういうところなのか?また、その学校に合わない子が通学するとどうなるのか?ということがわかります。特に私立は、絶対に偏差値だけでは決められません。中に入ってわかることが多いです。そして、公立よりも“クセ”が強いので、その子の向き不向きがあります。

一度でも学校で教えたことがあるならば、そういうことも知っていますので、本当に生徒が行くべき学校を決める時、そういう部分も配慮するはずです。しかし、大手進学塾では全く配慮しません。それは学校のことがわかっていないので、仕方ないのです。

だから、大手は“うちのやり方に従いなさい”と牛耳ります。それに気づく親は、子供に合った個人塾を探して、行かせますが、ほとんどの親たちはネームバリューに負けて大手に行かせてしまい、子供に合わない学校に行くことになります。なんでだろう?と思います。受験の邪魔になる情報も刷り込まれるのに・・・みなさんほとんどがそうですが、本当になんでだろう?と思ってしまいます。その結果、高校生になると、冒頭にも書いてある現象も起きてしまうのです。

子供に合った志望校の選び方、というのは、学校という場所がどのような場所なのか?を知っていないと絶対に無理だと思います。子供に合った志望校の選び方は、塾の人よりも学校で教えている人、つまり、学校で教えたことのある人のほうが知っています。

それに対して、学校のことを全く知らない塾業界の人は、自分たちで偏差値というものを作り、それに見合った志望校を受けさせるということしか出来ません。だから、子供にピッタリ合う学校を探すことはできません。

もし本当に子供に合った学校を選びたかったら、大手塾のスタッフよりも教員経験者に聞いたほうがよっぽどマシです。知り合いの教員経験者がいらっしゃったらぜひ相談してみて下さい。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



☆堀口塾の近況は
平塚の個別指導塾堀口塾のFacebookページ
よりどうぞ

☆2018年度平塚中等対策コース 只今実施中!!
詳しくはこちらのページよりどうぞ。

☆新規生徒受付中!小学生5名限定、中学生・高校生5名限定
お申込み・お問い合わせは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/

ブログランキング
クリックのご協力をお願いいたします!!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村


※ブログの内容に関しまして、お電話やメールでのご質問は受け付けておりません。ご了承下さい。