平塚中等に入ったら勉強だけをガリガリやってはいけません。

PAK15_notepenhikkiyougu20140312_TP_V

最近、うちの子供は吹奏楽部の定期演奏会のスポンサー探しで平塚駅周辺のお店などを色々と回っているようです。

平塚中等吹奏楽部の定期演奏会が厚木文化会館で開催
http://hgjuku.blog.jp/archives/15400610.html

自分の足でお客さんを見つける・・私もポスティングをやっておりますが、これって、営業の基本だと思います。人と人は皆、繋がっていますから、自分が動けば回りも必ず変化します。

生徒たちがそういう営業活動もするわけですが、これはとても良い社会勉強になりますね。

ちなみに堀口塾も少しばかりですがご協力させていただいています。



【速報】平成30年度平塚中等教育学校の適正検査で当塾から合格者が出ました。

堀口塾 平塚中等合格 堀口塾 小田原高校合格
【新規生受付中!先着20名様限定!お申し込みはお早めにどうぞ】 2週間無料体験

さて、このスポンサー探し、子供は勉強よりも一生懸命やっていますが、私的には全然オーケーだと思います。“生きる力”ですね、それが身に付くと思うからです。

また、平塚中等に入って、勉強だけガリガリやるんじゃ疲れてしまいます。

合格するためにガリガリ勉強して、合格した後もガリガリ勉強するっていうんじゃ、いつその他のことを経験するのでしょう?そんな時間ありませんよ。

だから、この学校に入ったら、勉強以外で一生懸命に夢中になることを見つけることが一番大切なのです。

ただでさえオタクっぽい雰囲気がありますから、もっと明るく活発にいこうぜーってな感じです。

平塚中等に合格!入ったら苦しむより楽しめ
http://hgjuku.blog.jp/archives/23758164.html

このスポンサー探しに関して、私は子供に言っております。

“お金をいただく”ということはどういうことなのか?

ということを、しっかり考えて行動するんだよ。

この間、子供を見ていましたら、しっかりお客さんを取ってきて、家でパソコン前に必死でデザインを考えておりました。JPEGとかその他画像の扱いやソフトなども私は全く教えておりません。自分で学んで勝手にできるようになっているようです。

けど、子供ってそんなもんです。親がいちいち指図しなくても、「環境」と「自由」を与えれば、どんどん自分で好きなことを学んで行くものです。平塚中等の受験のときもそうでした。それを多くの親は知りません。ガミガミ言う親の子ほど元気が無いのです。

ステージママの子は成績が伸びない
http://hgjuku.blog.jp/archives/18867006.html

それ以降、子供にはうるさいことは言っていませんが、彼女なりに責任を持ってやっているようです。

先日は、パソコン画面とずーっとにらめっこ。お店のホームページを見てもなかなか広告用に使える画像がなかったようです。それで再びお店(お客さん)に行って、社長さんに広告用の画像をいただいてきたそうです。グッド!!

「これって、すごくいいんじゃないかな。お客さん絶対に喜ぶよ」

と言いました。

勉強よりもこういうことに一生懸命なんですよね~~、けど、ま、親としては全然オッケーです。どう考えても、苦手な数学の授業よりは面白いでしょう・・(笑)

私があんまり口出ししちゃいけませんが、学生ですから、お店に人たちは贔屓目で見るでしょう。

しかし、そういう中で、

“お金”

というものを、しっかり考えて仕事をして欲しいと思います。

3月の定期演奏会のパンフが出来上がりましたら、スポンサーの欄を見て下さい!!

堀口塾も掲載しておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

平塚中等教育学校吹奏楽部第4回定期演奏会~Ohara30th~
http://www.kamakura-arts.jp/calendar/2018/03/028889.html

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。


☆堀口塾の近況は
平塚の個別指導塾堀口塾のFacebookページ
よりどうぞ

☆2018年度平塚中等対策コース受付中 開講中

☆新規生徒募集中。20名様限定です。
お申込み・お問い合わせは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/

ブログランキング
クリックのご協力をお願いいたします!!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村


※ブログの内容に関しまして、お電話やメールでのご質問は受け付けておりません。ご了承下さい。