game-107387_1920

今、ニュースなどで日大アメフト部のことが大きく取り上げられているようです。アメフト=アメリカンフットボールというととても華やかなスポーツのように見えますが、実はやってみると非常に泥臭かったりします。

たまたま、とある街角のテレビで拝見しましたが、私も大学時代にはアメフトをやっていたこともあり、少し立ち止まって見てしまい、身近なことのように考えてみました。


【速報】平成30年度平塚中等教育学校の適正検査で当塾から合格者が出ました。

堀口塾 平塚中等合格 堀口塾 小田原高校合格
【新規生受付中!お申し込みはお早めにどうぞ】 2週間無料体験

監督・コーチの指示で選手が反則行為を起こしたとのこと、でした。

私が思うに・・

判断は自分自身。

「何で、選手は監督やコーチの指示を断れなかったのかなぁ」

と思いました。

世の中には間違った指導者がたくさんいます。

野球、サッカーの指導者においても、学校の教師も、塾業界でも、もちろんどの世界にも、です。企業であってもそうでしょう。また、どれが正しいか間違っているか、ということも曖昧だったりして、バレなければそれで良し、というのが、組織内でもあるようです。もちろん、学校の部活でもそういう部分がまだまだあるでしょう。以前、廃部になったPL学園の真相もわからないままです。

先生との出会いが人生を変える
http://hgjuku.blog.jp/archives/26088986.html

日大アメフト部の元監督も選手よりずっと上の世代の方のようです。世代の違いで考え方の違いもあります。

また、指導者は“自分のために”勝ちたい、と思う人は多いです。それをしてしまうと、教育ではなくなります。子供を何時間も教室に籠もらせて詰め込み作業をさせて、子供を死んだ目にしてしまう大手進学塾なんかもまさにそうだと思います。

中学受験する目の死んだ子供たちを見てきて思ったこと その2
http://hgjuku.blog.jp/archives/5164351.html

大手進学塾のお昼ご飯の時間が耐えられない
http://hgjuku.blog.jp/archives/26196170.html

部活の顧問も生徒のことよりも“自分がやりたい”がために、やってしまい、明らかに行き過ぎなのに、それに気が付いていない勘違い教師もたくさんいます。

また、人間年をとると「自分のため」に「守り」や「保身」に入るものです。本当に嫌なものですね。これは学校の教員の世界でも同じです。

妖怪アニメと子供の元気を奪ってしまう親の存在
http://hgjuku.blog.jp/archives/26285386.html

世の中にはいろんな大人がいます。小学生や中学生の時までに、しっかり自分で判断できるような子供に育てないといけません。

人生は判断の連続です。そこでの判断が未来を決めるものです。その判断は自分でしたもの、他人のせいにはできないのです。

この人がいけないんですよ、と言って、仮に周りの人も自分の意見に同意してくれたとしても、その判断というのは、自分がしたもの・・つまり、自分の責任なんです。たとえブラックな組織にいてもその組織に流されない強さを持って欲しいです。

成人の日のほろ苦い思い出
http://hgjuku.blog.jp/archives/11912137.html

反則をしてしまった選手には、まだまだ人生はこれからですから頑張って欲しいです。有能な選手だそうですし。

まだ大学生!エネルギーは有り余っているはず!!

これを乗り越えれば、今よりもさらに大きな人間になれると思います。今はとても辛いとは思いますが、頑張って乗り越えて欲しいと思います。日本でなければ海外がありますし!

久しぶりにアメフトのボールを思い切り投げてみたいですね。(^^)

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。


☆堀口塾の近況は
平塚の個別指導塾堀口塾のFacebookページ
よりどうぞ

☆2018年度平塚中等対策コース 只今実施中!!
詳しくはこちらのページよりどうぞ。

☆新規生徒受付中!小学生5名限定、中学生・高校生5名限定
お申込み・お問い合わせは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/

ブログランキング
クリックのご協力をお願いいたします!!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村


※ブログの内容に関しまして、お電話やメールでのご質問は受け付けておりません。ご了承下さい。