cyclone-2102397_1920

何でも長時間やりゃいいってもんじゃありません。

勉強は特にそうです。

だらだらと長時間机に向かっても無駄な時間を過ごすだけですし、それを無理やり押し付け学習させることで無気力で自分で考えることができないねじ曲がった子供にしてしまいます。

もうすぐ夏休みがやってきます。


堀口塾では新規生受付中です。お申し込みはお早めにどうぞ! 2週間無料体験

大手進学塾では受験する子供たちを教室に缶詰にし、1日10時間とか長時間授業を受けることを当然のように行なっていますが、そんなことをしたら子供が壊れてしまいますよ。

親自身も子供に戻って1日10時間しろって言われたら喜んでしますか?絶対にできないと思いますよ。どうしてそういうことを子供にさせるのか疑問です。

確かに長時間の学習に耐えるお子さんもいるでしょう。しかし、それに耐えるお子さんの方が変ですよ。

1日10時間でも大丈夫なんて言って、私立の上位校や平塚中等にたとえ合格しても、燃え尽き症候群で目が死んだ子になってしまい、その後の学校生活は中身のないものになる可能性が非常に大きいです。その時点で子供自体がねじ曲がってしまっているので、へんちくりんな中学生、高校生・・・そして大人になってしまいます。私はこういうへんちくりんな中学生、高校生をたくさん私立の上位校で見て来ました。

中学受験する目の死んだ子供たちを見てきて思ったこと その1
http://hgjuku.blog.jp/archives/4847147.html

当塾での夏期講習は130分です。塾の教室で無理やり詰め込み学習をしなくても、家庭学習を加えて何とか頑張っての1日4〜5時間の学習で私立の上位校や平塚中等に合格できる子はしてしまいます。

まず1日10時間の学習を提案する大手塾のやり方はあり得ない。超時間学習すれば料金もかさみますね。

多くの親たちはたくさんお金を払ってなぜ自分の子を壊そうとするのか?

私には全く理解できません。

当塾から今年の2月の平塚中等教育学校の適性検査で合格者が出ましたが、しっかり遊びもしました。勉強も当然しましたが、無理な勉強なんて全くしていません。それに対して、大手塾に行き教室で缶詰になって毎日10時間勉強した子のほとんどが不合格になっています。

無理やり私立の上位校に合格しても、子供にとって重要なのは、学校の名前とか冠なんかでなく、学校生活の中身であり充実して過ごせたかどうかです。その学校に入ったら子供自身が伸び伸びと楽しく学校生活を送ることが一番大事なことです。それが将来、自分の人生を切り開くエネルギーに繋がります。

入学する前に長時間の詰め込み学習で子供が壊れてしまっていては、学校生活が中身あるものでなくなるのは当然のこと。子供の幸せな将来を奪ってしまっているのは、それに関わる大人たちであり親でもあるのです。

堀口塾の考え
http://hgjuku.blog.jp/archives/cat_164911.html


☆堀口塾の近況は
平塚の個別指導塾堀口塾のFacebookページ
よりどうぞ

☆2018年度平塚中等対策コース 只今実施中!!
詳しくはこちらのページよりどうぞ。

☆新規生徒受付中!小学生5名限定、中学生・高校生5名限定
お申込み・お問い合わせは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/

ブログランキング
クリックのご協力をお願いいたします!!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村


※ブログの内容に関しまして、お電話やメールでのご質問は受け付けておりません。ご了承下さい。