rainbow-1149610_1920

机に向かうだけが勉強ではありません。ただガリガリ勉強して知識を詰め込んで偏差値が高くても人間としてしっかりやっていかなければなりません。勉強ばかりガリガリやって偏差値ばかりやたらと高い子の多くは、少し“変”なところもあります。自然じゃなく、人工的に工場で生産されたような人間ですね。これは今までたくさんの生徒を見てきてずっと感じてきたことです。

それはなぜでしょう?

“大事な勉強”

というものをしていないからです。

では、この

“大事な勉強”とは一体何でしょう?



堀口塾では新規生受付中です。お申し込みはお早めにどうぞ! 2週間無料体験

今ちょうどお盆シーズンですが、
その一つは、田舎に帰って

“おじいちゃん、おばあちゃんとたくさん話すこと”

です。

子供が違った世代の人と話すことはとても大切なことです。長く活きたことによって得た経験は、これから生きていくための知恵がたくさん含まれています。

うちの娘もおばあちゃんからお裁縫を習っているおかげで、小学生の家庭科では同級生に教えてあげたり、偶然にもお裁縫の経験が平塚中等の受検にも活きました。平塚中等の平成27年度の問題にりんごの皮むきの問題が出ましたね。普段からお母さんのお手伝いをしている人はイメージが湧きやすかったのではないでしょうか。このように公立中高一貫校の入試問題というのは普段の生活の中から問題が出されます。

また、姪も大学受験の夏休みに実家に来た時に、私と話したことでやる気に火がついたそうです。その後、見事第一志望の大学に合格しました。

夏休みに勉強のスイッチが入った姪の話
http://hg-juku.blog.jp/archives/5480291.html

このように実家に帰ることが何かのキッカケになるんですよね。ということで、平塚中等コースの子たちには、この夏休みを利用して“ある宿題”を出しました。

おじいちゃん、おばあちゃんから見て、孫は可愛いですから甘やかすこともありますが、いつも厳しい?親から離れて、たまにはそういうのもいいんじゃないでしょうか。(^^)

また、以前このブログで、親は実は自分のことを一番よく知っている先生みたいなものだ、と書きましたが、本当にそうだと思います。日頃、子育てで悩んでいるお父さん、お母さんは、ご自身の親と色々と話してみるといいと思います。

ということで、ご家族でお盆期間に実家にお帰りになる方も多いかと思いますが、子供だけでなく、親子でいい勉強ができそうですね。お盆というのは、ただ実家に帰るだけでなく、そういう勉強ができる大切な期間でもあるということです。



☆堀口塾の近況は
平塚の個別指導塾堀口塾のFacebookページ
よりどうぞ

☆2018年度平塚中等対策コース 只今実施中!!
詳しくはこちらのページよりどうぞ。

☆新規生徒受付中!小学生5名限定、中学生・高校生5名限定
お申込み・お問い合わせは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/

ブログランキング
クリックのご協力をお願いいたします!!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村


※ブログの内容に関しまして、お電話やメールでのご質問は受け付けておりません。ご了承下さい。