artificial-intelligence-3683776_1920

多くの親は高校受験や私立中学受験にやたらと一生懸命になり過ぎている感があります。しかし、子供の着地点はそこではありません。

学歴ばかりにこだわってはいけないけど、もし学歴にこだわるなら大学でしょうと断言します。高校受験でそこそこ偏差値の高い学校へ行っても、大学が大したところでなければ、学歴にこだわる意味がありません。たとえば埼玉県の人に「早稲田出身です」と言えばそれなりにわかりますが「高校は江南出身です」なんて言ってもわかりません。

学歴にこだわれなんてそんなことは言っていません。何が言いたいのかというと、多くの親は子供の進学にことに関してちょっとずれているということです。

堀口塾では新規生受付中です。お申し込みはお早めにどうぞ! 2週間無料体験

ほとんどの親は小学生で暗記詰め込みの猛勉強をさせて私立中学に入学させたり、高校はできるだけ偏差値の高い学校へ行かせたいということに神経質になっていますが、着地点はもっと先になるのになと思います。着地点は自分のやりたいことができる大学、さらには、その後の社会人になってから死ぬまでの生活です。

以前、湘南高校出身のお父様とお話をし、ブログの記事でも書きましたが、その方は、今も含めて「自分の子が将来食っていけるのかどうか?」というお子様の未来について考えていました。幸せな人生を送るにはとても大切なことです。ごく一般の親とは違う考え方をされていました。お子様のもっと先の未来を考えているんです。

最近の本を読むと、やたらとAI(人工知能 artificial intelligence)のことが書かれています。堀口塾でも猫のAIがいて生徒たちがAIに自然と触れられるような環境を作っていますが、このAIがこれからの人がする仕事に影響を与えてくると予想されます。

最近、メディアにもよく登場する若い研究者の落合陽一さんの本などでも、AIが我々の生活にどのように関わってくるか?ということが学術論文のような形で詳しく書かれています。

簡単に言うと暗記詰め込みをしてごく普通に就職をしていた人が今までしていた仕事が全部AIに変わっていくのではないか、ということです。だから、今までのような、頑張って勉強して偏差値の高い高校に入って良い大学に入って、有名な企業に就職して・・そうすれば幸せな人生が送れる、なんて保証はどこにもありません。

ほとんどの親は、今までの古い風習や考えを持っていて、周りの人の影響され、私立中学受験や高校受験ばかりに神経質になり過ぎています。それは安易過ぎです。子供の間近なことしか見えていない。

iOSやスマホのアプリじゃないですが親の頭もアップデートして下さい。本当に子供のことを考えるなら、高校はどこへ行ったとか、中間テストや期末テストの点のことばかり考えないで、もっと先のことを考えるべきなのに、と私は強く思います。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



☆堀口塾の近況は
平塚の個別指導塾堀口塾のFacebookページ
よりどうぞ

☆2018年度平塚中等対策コース 只今実施中!!
詳しくはこちらのページよりどうぞ。

☆新規生徒受付中!小学生5名限定、中学生・高校生5名限定
お申込み・お問い合わせは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/

ブログランキング
クリックのご協力をお願いいたします!!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村


※ブログの内容に関しまして、お電話やメールでのご質問は受け付けておりません。ご了承下さい。