red-3580560_1920

平塚中等の過去問を解いていていつも思うことは・・・

よくこんな問題を作るなぁ!

ということです。

算数、国語、理科、社会の壁を取っ払って問題が作られるので、自由で面白い問題も作れます。

ただ計算するだけでなく実生活の中で普段の勉強と関係する問題が出ます。





次年度受講生、先着10名様受付中!
☆2020年度平塚中等対策コース生(新6年生・新5年生・新4年生 各先着10名様 )受付中です。
【平塚中等対策コース】の詳細・お申込みはこちらのページよりどうぞ


堀口塾ではやる気のある新規生を受付中です。
お申し込みはこちらよりお早めにどうぞ! 2週間無料体験

私も高校でそのような問題を作ったことがありますが、学校の勉強をしっかり理解した子供たちの総合的な学力を診るためには、そのようなテストが理想です。

さて、問題は算数、国語、理科、社会が基本ですが他教科にも範囲が及ぶことは、ご存知だと思います。そこで、実はこれらの教科以外に合否を左右する大事な教科があります。それは何かと言うと「家庭科」です。たとえば、平成26年度にりんごの皮むきの問題が出題されましたが、あれは、やったことのある子とない子ではイメージができるできないがだいぶ変わるでしょう。また、平成24年度にもお米を炊く問題が出ましたね。これも一度くらいはお米をといで炊いた経験があったほうが有利です。

ringo
神奈川県立中等教育学校入学者決定検査問題より

こんなことを書くと、家庭科の勉強をしなければ!と思うかもしれませんが、こういう問題は準備ができるものでもありません。つまり、普段の生活が大事ということです。親のお手伝いをしている子なら、何らかの形で包丁は持ったことがあるかもしれませんし、そういう子は頭の中に体験によるイメージができています。

私はりんごの皮むきは得意でないので、授業で生徒たちには「家でお母さんに見せてもらうように」と宿題を出しました。もうすでに実演されていたお母様もいらっしゃいました。お母様、どうぞよろしくお願い致します。

ガリガリと毎日毎日何時間も暗記詰め込み学習をしているような子よりも、しっかり短時間に集中して学習し、家にいるときは親のお手伝いをするような子のほうが断然合格する可能性は高いと思いますよ。

当塾でも家庭科100点取ったよ!なんて声をよく聞きますが、それはとても価値のあることなので、一緒に喜んで、たくさん褒めてあげます。



※家庭科以外にこんな問題も出題されていますね!

公立中高一貫校のお金に関する入試問題、解けますか?
http://hgjuku.blog.jp/archives/29599977.html

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



☆堀口塾の近況は
平塚の個別指導塾堀口塾のFacebookページ
よりどうぞ

次年度受講生、先着10名様受付中!
☆2020年度平塚中等対策コース生(新6年生・5年生・4年生 各先着10名様 )受付中
【平塚中等対策コース】の詳細・お申込みはこちらのページよりどうぞ


☆新規生徒受付中!小学生10名限定、中学生・高校生10名限定
お申込み・お問い合わせは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/

ブログランキング
クリックのご協力をお願いいたします!!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村


※ブログの内容やパスワードに関しまして、お電話やメール、面談でのご質問、お問合せは受け付けておりません。ご了承下さい。