bird-1045954_1920

今私立高校は、少子化の影響を受けて内申点による単願推薦で早めにいい生徒を取る作戦に出ている。

高校しかなかった学校も中学校を新たに増設し、中学生から受け入れる学校も増えている。

以前、講師でお世話になり教壇に上がった私立高校もそうだった。生徒減少の策として中学校を増設し私立中高一貫校として新たにスタートを切った。



平塚中等対策コース募集状況
☆2020年度平塚中等対策コース生(6年生・5年生 )受付中です。
【平塚中等対策コース】の詳細・お申込みはこちらのページよりどうぞ


堀口塾ではやる気のある新規生を受付中です。
お申し込みはこちらよりお早めにどうぞ! 2週間無料体験

私立側としては、公立に逃げられてしまわないようとにかく早めにいい生徒を取りたいので、本試験は形式的に行うが、ほぼ内申点を考慮するだけで確実に合格を出すわけだ。

しかしここで気をつけなければならないことがある。

それは、

大したことない私立高校には、いくら確実に合格をくれるからと言っても自分を安売りするな

ということである。

中学生は自分を安売りしてはいけない。しっかり勉強に取り組めばもっといい学校へ行けるはずだ。

だが、勉強嫌いの子は私立推薦の方向に流れてしまうだろう。また、そういう事情を知って私立は知っていて推薦を出すものでもある。

つまり、今の私立高等学校は大手企業の下請け企業のような存在でもある。それは公立中学校から推薦で流れてくる生徒が多いからだ。

いくら試験がないからと言って、安易な判断で子供を行かせてはいけない。

それはなぜか?

そういう学校は勉強嫌いな子の「吹き溜まり」だからである。

それなら正々堂々と受験して合格を掴んだ方がよいと思う。

もしも、単願推薦で私立を選ぶなら、

“自分は絶対にここに行きたい”

という意思がある場合だけにすべきだ。

安易に合格がもらえるから、と理由で選ぶのだったら、正々堂々と受験する方が、その子にとって、よっぽどいい人生経験となる。

どんな場合でも、

自分が本当に行きたい学校を見つけること

である。

これが一番大切だ。

これから受験に向かう中学1年生や2年生の保護者の方々は、自分が本当に行きたい学校を見つけるということを、頭に入れて過ごされた方がお子様が良い方向に進むと思います。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



☆堀口塾の近況は
平塚の個別指導塾堀口塾のFacebookページ
よりどうぞ

次年度受講生、先着10名様受付中!
☆2020年度平塚中等対策コース(6年生・5年生)実施中です。
【平塚中等対策コース】の詳細・お申込みはこちらのページよりどうぞ


☆新規生徒受付中!10名様限定
お申込み・お問い合わせは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/

ブログランキング
クリックのご協力をお願いいたします!!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村


※ブログの内容やパスワードに関しまして、お電話やメール、面談でのご質問、お問合せは受け付けておりません。ご了承下さい。