cherry-blossoms-3327498_1920

2019年の平塚中等教育学校からの東大合格者数は「5人」でした。

ちなみに相模原中等は今年は3名だったようですね。あと、生まれ故郷の埼玉県の公立トップ校浦和高校は何と41名でした。翠嵐の21名をはるかに超えました。

・・・まあまあ、ランキングを見ていると、何だか頭がおかしくなってきますね。

東大ランキング自体私にとってどーでもいいことです(笑)日本全人口の1.2億人に比べたら微々たるもので自分の人生に関係ないと思えば関係ないし、全く関わらなくても幸せになれると思います。

平塚中等は、都内の高校で上レベルの私立でも東大合格者が1名出るか出ないかなので、実質偏差値的にはそういう私立よりもずっと上であることがわかります。けど、偏差値では決まらず、他の学校とは全く別の次元であることが、この学校の良さでもあります。

さて、この「東大合格者数」ですが、うこういう“学歴だけに重視する”というのは、もう時代遅れですね。



堀口塾では新規生受付中です。お申し込みはお早めにどうぞ! 2週間無料体験

偏差値の高い大学へ行き一流企業に勤めても、やりたくないことや無駄なことをやっている人は一体何人いるのでしょう?これは今までの当たり前の考えだったかもしれませんが、これからは個人個人が自分の幸せを追求する時代だと思います。

しかし、平塚中等の保護者の多くの方も、この「東大合格者数」に注目しているようです。そういうのを見ると、子供を平塚中等に入学させても、結局大事なところは皆さん偏差値や学歴重視なんだな、なんて思います。

自分の経験から、東大合格者数をたくさん出そうと躍起になっている私立高校は、いじめやら問題やらが多くロクな学校ではないという印象があります。とある私立高校では校長も教員も本当に酷いものでした。

学校というのは外にはネガティブな情報ば漏れないもの。華々しい進学実績の裏には必ず闇があるものです。だから私は自分の子供はそういう私立には絶対に行かせたくはないし、平塚中等には絶対にそうはなって欲しくないですね。

※もしよかったら、私の教え子のK.Mくん(東京理科大現役合格)の体験記を読んで下さいね。
https://www.horiguchijuku.com/goukaku/

普通の学校では実績というとやはり「大学合格者数」でしょう。しかし、平塚中等教育学校の場合、本当の実績というのは「社会に出てから」だと思います。学歴によらず、伸び伸びと自分をやりたいことを実践し、社会人になって活躍し幸せな人生を送る人が多いのではないかと思っています。

今年は第5期生が卒業しました。この学校の教育の“本当の成果”が出てくるのは、少し先かもしれませんが、その時を楽しみに待ちたいと思います。

ところで、今年は毎年倍率がバカ高い相模原中等よりも平塚中等の方が東大合格者数が上でした。こういうところから今後の入試は平塚中等の方に人気が出て倍率が上がる可能性があるかもしれませんが、本当のことは誰にもわかりません。つまり、損得勘定なく自分が本当に行きたい学校を受検しましょう、ということです。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



☆堀口塾の近況は
平塚の個別指導塾堀口塾のFacebookページ
よりどうぞ

☆2019年度平塚中等対策コース(6年生・5年生・4年生 人数限定) 只今受講生募集中
詳しくはこちらのページよりどうぞ。

☆新規生徒受付中!小学生10名限定、中学生・高校生10名限定
お申込み・お問い合わせは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/

ブログランキング
クリックのご協力をお願いいたします!!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村


※ブログの内容に関しまして、お電話やメールでのご質問は受け付けておりません。ご了承下さい。