dragons-4194437_1920

子供が小学生から中学生へ・・子供が言うことを聞かなくなって当然です。反抗期は子供が成長する過程であって当然、いや、思い切りあるべきものです。もしもなければ、親から言われたことしかできない、行動力のないおかしな大人になってしまいます。だから、親が「勉強しなさい!」と言って素直に聞かないのは当然です。むしろそれを喜ぶべきです。



堀口塾では新規生受付中です。お申し込みはお早めにどうぞ! 2週間無料体験

見守りましょう。

大切なのは“見守る”ということです。ただし、甘やかすのではないです。いつも甘くするのではなく、これはダメだろう、ということに対しては、厳しく叱ること。つまりメリハリですよね。だらだらと叱るのでなく点で叱るのです。そして、今勉強しておかないと後で自分が後悔することを伝えておくこと。

中学生の勉強ごときで家庭崩壊寸前まで行ってはいけない。

バカバカしい。

多くの親は高校受験に躍起になっているけど、本当の勝負はそこじゃないのにね。だから、超本気モードになってはいけない。高校受験は無理なく行ける学校を目指せばよいのです。

また、多くの親が高校受験に躍起になっているからこそ、自分は躍起にならない、ということが大切。前にも話した通り、マジョリティよりもマイノリティです。前記事で書きました『群れるより、孤独な道を歩もう』です。多数派は絶対にダメですよ。少数派に属することが子供の幸せを生みます。

正直、出身高校なんて長い人生の中でほとんど登場しない。人生でどれだけ重要視されるのか?と言われれば全然重要じゃない。その子に生きる力が宿っていれば、高校を卒業した後、本人のやる気でいくらでも挽回が効きますからね。

神奈川県の公立トップ校である湘南高校や横浜翠嵐などは目指したい子が目指せば良いわけで、誰もが高い偏差値の学校に全パワーを注ぐ必要はありませんし、無理する必要はなしです。高い偏差値の学校へ行ったからと言ってだから何?という感覚を持つべき。高校で人間が決まるわけでもないし、人生が決まるわけでもないですから。職業だって一緒。例えば、たくさん勉強して弁護士になっても道を誤った悪い弁護士はいくらでもいます。

とにかく親も子供も受験情報に影響され塾の先生に煽られて高校受験に一生懸命になりすぎて燃え尽き症候群にならないようにしよう。『群れるより、孤独な道を歩もう』でも書きましたが、バブル世代の考えは完全に捨てて下さいね。

大学でも言えることです。東大が全てではありません。

人それぞれ道はあるわけで、親は子に自分の勝手な思いを押し付けて無理をさせては、いけない。子供も親の言いなりにならなくて当たり前。

いや、そのほうが自然だし、将来有望だと思いますよ。

うちはうち。

そういう考え方良い状況を生むものです。


☆堀口塾の近況は
平塚の個別指導塾堀口塾のFacebookページ
よりどうぞ

☆2019年度平塚中等対策コース(6年生・5年生・4年生 人数限定) 只今受講生募集中
詳しくはこちらのページよりどうぞ。

☆新規生徒受付中!小学生10名限定、中学生・高校生10名限定
お申込み・お問い合わせは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/

ブログランキング
クリックのご協力をお願いいたします!!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村


※ブログの内容に関しまして、お電話やメールでのご質問は受け付けておりません。ご了承下さい。