ulmer-4266645_1920

先日、平塚中等対策コースの小学生たちは、グループ対策の授業で『将来の夢』というテーマで自分のなりたい仕事について発表をしました。その中で「弁護士になりない」という子が数人いました。私はそれを聞いて「おぉ〜がんばれー」と思いましたが、他に一言私からメッセージを送りました。

それは・・


堀口塾では新規生受付中です。お申し込みはお早めにどうぞ! 2週間無料体験

「絶対に良い弁護士になってね、弱い立場の人を守ってあげられるような」

と一言加えました。

弁護士は資格を取るのに一番難しいと言われる職業ですが、全部が全部、資格を取ったからといって弁護士はすごいか、と言われれば全然そうではありません。世の中には法律を盾に弱い者を攻撃するような悪い弁護士だっています。一番大事なのは人の気持ちです。簡単に法律で裁けるものではありません。

司法試験に合格するために、勉強、勉強で人の気持ちもわからずに弁護士になってしまったのかもしれません。

勉強ばかりして、何か大切なものをどこかに置いてきてしまいませんでしたか?

偏差値が高く高学歴な人やエリート街道を歩んできた人は何かが欠けている、とよく言われますが、そういう特別な専門職こそ多彩なバックグラウンドが大切です。遊んだり、旅したり、趣味を楽しんだりと、色々な経験が必要になります。だから偏差値ばかりを追うな、と私は言っています。

日本の仕事選びに欠けているのは、仕事に就いたあと「どういう仕事をしたいか?」、「仕事をどのようにするか?」です。「何になりたいか?」だけに注目が集まっていますが、それだけが大切なわけではありません。学校でも将来どんな仕事に就きたいのか?ということばかり言っていますが、その先が一番大事ではないでしょうか。

たとえば、色んな専門職、前の記事でも書いた歯医者さんでもいろんな先生がいます。ちゃんと説明してくれ最少回数で診てくれる先生もいれば、説明もなく何度も何度も通わせる先生もいます。患者のために裏技を使ってくれる歯医者さんもあります。歯科医になったからといって、みんながみんないい先生ではありません。

歯科医師と盛り上がった「デジタルとアナログ」の話
http://hgjuku.blog.jp/archives/32293270.html

大嫌いだった歯医者が癒しの場になったのはなぜ?
http://hgjuku.blog.jp/archives/32284791.html

学校の先生だって同じです。教育が生き甲斐の先生もいれば、毎日の生活費を稼ぐためだけにダラダラと教員をやっている人もいる。定時の夕方5時にタイムカード前に並んでいたり・・そういう人を教壇に立たせること自体おかしな話ですが、実際にそういう人もいます。

私はどんな仕事でも、その仕事に就いた後が大事です。だからうちに通う生徒さんたちは、弁護士になっても、また他の仕事に就いても、良い仕事をする大人になって欲しいと思います。だって、簡単に言ったら良い仕事は楽しいです。

人を攻撃することなんて一部の変な人を除いて全然楽しくないですよ。他人を攻撃する人はあとで自分に返ってきます。因果応報です。絶対に幸せになれない。やっぱり楽しいが一番だし、人の役に立つことは幸せなことです。

けど、そこで忘れちゃいけないのは“自分”です。自分の大事な部分がグラグラとしていたらダメですからね。


☆堀口塾の近況は
平塚の個別指導塾堀口塾のFacebookページ
よりどうぞ

☆2019年度平塚中等対策コース(6年生・5年生・4年生 人数限定) 只今受講生募集中
詳しくはこちらのページよりどうぞ。

☆新規生徒受付中!小学生10名限定、中学生・高校生10名限定
お申込み・お問い合わせは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/

ブログランキング
クリックのご協力をお願いいたします!!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村


※ブログの内容に関しまして、お電話やメールでのご質問は受け付けておりません。ご了承下さい。