正々堂々2wolf-142173_1920

中学生の定期テストで点数を上げたければ過去問なんか解くな

この記事読んでいただけましたか?

正々堂々・・何のことを言っているのかというと、最近のこのブログの記事を読んでいただいている人にはわかると思うが、中学生の学習環境について、のことである。

堀口塾では先日の中間テストにおいて、正々堂々と定期テストの勉強に取り組み目標の5教科400点以上の生徒がたくさんいました。

よくやりましたね!!

中学生の勉強は正直者が最後に得をする
http://hgjuku.blog.jp/archives/32394284.html



堀口塾では新規生受付中です。お申し込みはお早めにどうぞ! 2週間無料体験

もちろん、400点に達しなかった生徒もいるが、ベストを尽くしました。一人一人違うから当然のことです。私は一人一人を別々だと見ているので、その子の頑張りはしっかり認めています。そしてきっと次回に繋がると思います。このように正々堂々と定期テスト対策に取り組んだ生徒たちを誇りに思いますね。

では正々堂々と取り組まないテスト勉強とはどういう勉強方法か?というと、これもまた最近の記事で書いているから、読者の方はもうお分かりかと思うが、学校に無断で定期テストの過去問を生徒に解かせてテスト対策する方法である。この方法は大手学習塾に通う中学生のほとんどが行なっている方法だ。

大手塾には横のつながりもあってほぼ全部の中学校の定期テストがストックされているようである。しかし、定期テストが終わったら問題用紙を生徒から回収し、それを学校に無断で定期テストの過去問として使うなんて、まさに泥棒と同じ行為である。そして、過去問を平気で解く生徒たちは泥棒がの盗んだものを盗品と知りながら使っていることと同じ。親も生徒も泥棒同然である。中学生の勉強の世界では、こんなことが長年平気で行われてきたなんて、正気じゃない。

さて、堀口塾に通う中学生たちは、高校入試において一番参考になる分析をしてくれる神奈川全県模試という模擬試験を受けていますが、内申点に比べて模試の出来が良い子が多い。つまり実力テストではよく出来る子が多いということ。昨年も内申点では全く届かないだろうと言われた第一志望校に余裕で合格した子もいました。

なぜか分かりますか?

なぜ内申点に比べて模試で良い成績が取れるのでしょうか?

わかる人にはわかると思います。

わからない親が多いから、中学生の親の多くは大手塾のいいカモになってしまうのです。

定期テストは正々堂々取り組んでこそ、その点に意味があるのです。


中学生が定期テスト前に塾の宿題を一生懸命にやることをおかしいと思わないの?
http://hgjuku.blog.jp/archives/32327663.html


中学生の定期テストで点数を上げたければ過去問なんか解くな
http://hgjuku.blog.jp/archives/32444826.html


中学生の学習環境をなぜおかしいと思わないのか
http://hgjuku.blog.jp/archives/32505000.html

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



☆堀口塾の近況は
平塚の個別指導塾堀口塾のFacebookページ
よりどうぞ

☆2019年度平塚中等対策コース(6年生・5年生・4年生 人数限定) 只今受講生募集中
詳しくはこちらのページよりどうぞ。

☆新規生徒受付中!小学生10名限定、中学生・高校生10名限定
お申込み・お問い合わせは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/

ブログランキング
クリックのご協力をお願いいたします!!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村


※ブログの内容に関しまして、お電話やメールでのご質問は受け付けておりません。ご了承下さい。