dawn-190055_1280

大量の宿題が生徒たちの自由な時間を奪い、能力を無駄にするのは、まともな教師ならわかるはずだ。

今日は大学受験に関して書く。


堀口塾では新規生受付中です。お申し込みはお早めにどうぞ! 2週間無料体験

宿題はあまりにも多いと、その宿題が壁になってしまい、やりたいことができない。本当は大学受験勉強をしたいのに、学校の宿題ばかりやらされて集中できない、ということがある。だから宿題の出し過ぎはよくない、ともう一度言っておきたい。

もう高校生なのだから、自分で好きなことをやらせればいいのに。縛りつけることはその子の能力を無駄にしてしまう。

さらに言うと、毎回の定期テストの順位付けも自信喪失の原因だ。バカなことしているなと思う。

今、6年生(高校3年生)で落ちこぼれてしまった人は、学校の勉強に流されずに、部活に流されずに、自分の志望大学に向けての勉強をすべきだ。

何も言わずに、淡々と。

前にも言った通り、部活の顧問は何もしてくれない。高校3年生の最後になって、一生懸命勉強しておけばよかった・・と思っても、時すでに遅し。

時間は自分のためにある。

自分のために使おう。

また、推薦なんかで行こうと、甘い考えは起こさないこと。自分が行きたい大学の推薦を取れれば良いが、推薦があるからと言って、自分の行きたい学部学科を変えないこと。

欲しくもない商品を、ただ値段が安いから、という理由で買うのと同じ。自分の人生に関わることだから大学選びでそんなことをしてはいけない。

推薦もらいたいがために、学校にへいこらへいこらするのも絶対にやめろ。情けない。

もしも、本当に自分が行きたい学校があるが成績が達していない、という状況なら、それを目指すのがいい。たとえ浪人しても目指すこと。ただし、浪人生活は思ったよりも精神的に厳しいのでそれは言っておく。私は不器用だったので浪人を二年もしてしまい、やっと学習院大学理学部物理学科から合格をいただいた。だからよくわかる。だが、そのおかげで、得たものも大きい。良い友人たちのも出会えたし、満足できる大学生活も送れた。さらに、現役で一流大学に合格した人では到底わからないであろう、勉強のできない子の気持ちや状況も少しはわかるようになったのでは、と思う。

私が言いたいのは、宿題や学校や部活など周りに振り回されないこと。たとえ大量の宿題が出されても、部活が忙しくても、自分の目指すところは一つ。妥協せず、自分の第一目標を目指し到達すること。

学校なんて卒業したら全く関係なくなる。自分の道は自分で切り開こう。

入試が新しくなる?

そんなことも関係ない。目指さない理由を作っているだけだ。普段スマホばかりいじっているならそれくらいの入試情報の収集はできるはずだ。

学校も教師も助けてはくれない。宿題や部活が邪魔をする場合もある。だけど、それを言い訳にせず、力強く自分の人生を築き上げて欲しいと思う。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



☆堀口塾の近況は
平塚の個別指導塾堀口塾のFacebookページ
よりどうぞ

☆2019年度平塚中等対策コース(6年生・5年生・4年生 人数限定) 只今受講生募集中
詳しくはこちらのページよりどうぞ。

☆新規生徒受付中!小学生10名限定、中学生・高校生10名限定
お申込み・お問い合わせは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/

ブログランキング
クリックのご協力をお願いいたします!!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村


※ブログの内容に関しまして、お電話やメールでのご質問は受け付けておりません。ご了承下さい。