children-1822662_1920

今、子供たちにとって一番大切なのは何でしょうか?

もうお子さんを育て上げた人生の先輩ともいえるような方(女性)と話をしたのですが、たまたま、子供の教育の話になりました。

その方によると、子供にとって一番大事なのは、

「やっぱり“やる気”ですよねー」

とのことでした。

まさにその考えに私も一致。

「そうですよねー!!」

なんて話が弾みました。




次年度受講生、先着10名様受付中!
☆2020年度平塚中等対策コース生(新6年生・新5年生・新4年生 各先着10名様 )受付中です。
【平塚中等対策コース】の詳細・お申込みはこちらのページよりどうぞ


堀口塾ではやる気のある新規生を受付中です。
お申し込みはこちらよりお早めにどうぞ! 2週間無料体験

そう、

何事も、

やる気!!!

なんです。

そのお方のお子さんは、高校受験の時、特に勉強やれとは全く言わず、自分で少しずつやる気になったそうです。そして、親も驚くような点数を取ったそうです。その時のことを話してくれました。

ちなみに、その方も学習塾に関しては、

「うちも大手じゃなかったわよ」

とのこと。お子さんは大手塾ではなく個人塾に通っていたそうです。やはりしっかり子供を育てる親は大手は選びません。

話を聞いていて、いつの時代も、大切なのは同じ。

“やる気”

なんだなー、とあらためて思いました。

しかし、最近の子たちはやる気のある子が少ないようですし、しかも、子供のやる気を潰す塾や学校、教師が多いです。以前と比べてそういう世の中になったと思います。さらに、子供がどうこう以前に、大人のやる気ですよね、それもなくなった世の中になりました。

そんなんじゃいけない。

だからこそ、“家庭の存在”が大事なのです。

学校の教師の世界もそうです。教育“魂”を持つ教師が世の中にどれくらいいるのでしょうか?適当に事なかれ主義で給与だけを学校にもらいに行く教師が今の世の中とても多いと思います。

ちなみに、以前、勤めていた私立中高では生徒が専任教諭のことを「給与泥棒」と呼んでいました。(((( ;゚д゚)))

中学生のお子さんを大手塾に通わせている親が塾から出される山のような宿題にやる気を失ってしまっているという相談がよくあります。大手塾へ行くと山のように宿題が出されて宿題に縛られます。「これをやりなさい!」と大量の宿題を与え、信者にさせるという方法です。

大量の宿題はできなくて当然なのです。何をどうやるか?ということ以前にもうやる気を失くしている子が多い。その時点で大手塾のやり方はアウトです。

ホントそんな大量の宿題をやりきれなくて当然です。それをこなせるのは従順すぎる子だけです。将来何かに依存しなければやっていけない大人になる可能性が高いです。従順な子も怖いのです。

こちらもお読みください。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



☆堀口塾の近況は
平塚の個別指導塾堀口塾のFacebookページ
よりどうぞ

次年度受講生、先着10名様受付中!
☆2020年度平塚中等対策コース生(新6年生・5年生・4年生 各先着10名様 )受付中
【平塚中等対策コース】の詳細・お申込みはこちらのページよりどうぞ


☆新規生徒受付中!小学生10名限定、中学生・高校生10名限定
お申込み・お問い合わせは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/

ブログランキング
クリックのご協力をお願いいたします!!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村


※ブログの内容に関しまして、お電話やメールでのご質問は受け付けておりません。ご了承下さい。