portugal-4865786_1920

小学6年生の親は、中学生になったら子供をどの塾へ通わせようか、ということで悩んでいるのではないだろうか?また大手塾のお得で期間も長い無料体験へ行かせて、すでに入塾を決めてしまった人もいるだろう。

さて、中学生が塾で学習する環境というのは、よくない、いや、酷過ぎる環境である、ということはブログで何度も書いた通りである。私が“酷過ぎる環境”とまで言うのは、神奈川県の大手塾などのほとんどの学習塾は定期テストの過去問を使って平気で定期テスト対策をしているということ。ズルをさせて内申点を上げようとしている行為、私はそれが大問題だと思っている。さらに、それに対して、ほとんどの親が“おかしい”とも思わず平気で自分の子を大手塾に通わせているのはさらに大問題である。

中学3年生の内申点は「正直者が得をする」
http://hgjuku.blog.jp/archives/33892695.html



次年度受講生、先着10名様受付中!
☆2020年度平塚中等対策コース生(新6年生・新5年生・新4年生 各先着10名様 )受付中です。
【平塚中等対策コース】の詳細・お申込みはこちらのページよりどうぞ


堀口塾ではやる気のある新規生を受付中です。
お申し込みはこちらよりお早めにどうぞ! 2週間無料体験

私はぜひこういう環境から子供も親もいち早く抜け出して欲しいと思う。「ちょっとそれは難しい」という親もいる。たとえば自分一人が周りの人たちと違う塾に行かせると周りから仲間はずれにされてしまう、という横のつながりが強い地域に住む人たちだ。そういう地域は古臭い考えを持つ人たちが集まっているのだが、勇気さえあれば脱出できるし、脱出したもん勝ちだ。それに、そもそも周りとの付き合いなんてのは今だけで子供が大きくなったらだんだん薄れていくものだ。子供の将来が大事であると考えるのなら、自分の子なんだから、他人の言うことなんて関係ないと思って自分の考えを貫くべきだ。てか、親も周りの目なんか気にせずに自立して欲しい。

中学生の親の一番の心配は「高校受験」だろう。これもまた変な言い伝えがあるようで「大手塾に行かないと情報が入らない」とわけのわからないことを言う母親も多いがそれは大間違い。毎回の定期テスト前にワークを中心にちゃんと勉強すれば点数は取れるから、塾からの過去問も無駄な宿題もいらない。あと3年生になったら模擬試験を毎月ちゃんと受験すれば、県内での自分の立ち位置、つまり、本当の実力もわかるし、どのくらいのレベルの学校を受験すればよいか、という資料も模試会社からもらえるので大丈夫である。毎回の模試の偏差値と資料を見比べていくと、少しずつ志望校が見えてくる。

大手塾の余計な情報はかえって混乱を招く。また、誰かに相談したいのなら、塾の実績最優先で子供のことなど全く考えていない大手塾の人間より、一人一人のことをちゃんと考えていて把握してくれている個人塾の塾長さんがベストであるのは言うまでもない。ぜひ皆さんの周りで頼れる個人塾を探して欲しい。

以上の事から、中学生が大手塾へ行く必要は全くない、いや行ってはいけない、と私は考える。子供が大学生になるまで一度も大手塾に行かせないのが子育ての理想である。そのためには、小学生の時に、学習習慣をつけておけばよい、ということも言っておく。実際に学習習慣が付いている中学生は5教科400点以上は当たり前のように取ってくるものだ。そのくらい取っていれば、高校受験の時に志望校選びで苦労はしない。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



☆堀口塾の近況は
平塚の個別指導塾堀口塾のFacebookページ
よりどうぞ

次年度受講生、先着10名様受付中!
☆2020年度平塚中等対策コース生(新6年生・5年生・4年生 各先着10名様 )受付中
【平塚中等対策コース】の詳細・お申込みはこちらのページよりどうぞ


☆新規生徒受付中!小学生10名限定、中学生・高校生10名限定
お申込み・お問い合わせは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/

ブログランキング
クリックのご協力をお願いいたします!!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村


※ブログの内容やパスワードに関しまして、お電話やメール、面談でのご質問、お問合せは受け付けておりません。ご了承下さい。