flowers-4893789_1920

以前、とある神奈川県内の公立高校に通う通塾生がこんな事を言っていた。

「本当は海老名高校へ行きたかったんだけど、塾(以前通っていた大手塾)の先生が○○高校(今通っている)を受験するように言うから受けたんですよ。自己採点してみたら海老名でも多分合格していました」

とのこと。志望校を変更して見事合格したわけだが、結果がどういう形であれ、自分が行きたい高校を受験しないことは後々後悔することになる。



平塚中等対策コース募集状況
☆2020年度平塚中等対策コース生(6年生・5年生 )受付中です。
【平塚中等対策コース】の詳細・お申込みはこちらのページよりどうぞ


堀口塾ではやる気のある新規生を受付中です。
お申し込みはこちらよりお早めにどうぞ! 2週間無料体験

不合格になることはその子にとって100%良くないことなのか?というと、不合格自体は残念なことだが、もし受験した高校が本当に行きたい高校ならば、私は全くそうではないと思う。自分の意思で挑戦して結果を出すことは大事なことだ。きっと悔いはない、と自分の気持ちの中で決着がつき次に進められるであろう。

そこで一番大事なことは“自分が本当に行きたいと思える学校であるならば”という条件だ。行きたい学校に堂々と挑戦して不合格になった経験は、長い人生の間で必ず役に立つものである。

それに対して一番悪いケースは、本当に行きたいとは思っていない高校を受験して不合格になることである。たとえば選んだ理由が偏差値が高いからとか、ネームバリューがあるからとか、塾に言われて焚きつけられたりその気になったりして受験した高校とか。これらは大手塾に通い成績が良い中学生によくあるパターンである。

大手塾は合格すれば塾の宣伝になるから無理やりトップ校を受験させることを勧めるが、塾にとっては合格したらラッキー、たとえ不合格になっても大人数のうちの一人だから痛くも痒くもない。

大手というものは都合よく生徒を利用するもので、不合格になった場合、生徒一人なんて蚤のような存在として扱われる。

ご家庭にとっては唯一の子であり全てであるが、大手塾の扱いは大人数の中の一人の存在であるから大手塾にとってリスクは非常に少ないのである。このことは知っていて損はないと思う。

幸せな受験と不幸せな受験の違い、それは、合格不合格も大事だが、その前に、自分が本当に行きたいと思える高校を受験するかどうかである。

つづく。

志望校を自分で選び自分で決めた合格、おめでとう!
http://hgjuku.blog.jp/archives/24323476.html

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



☆堀口塾の近況は
平塚の個別指導塾堀口塾のFacebookページ
よりどうぞ

次年度受講生、先着10名様受付中!
☆2020年度平塚中等対策コース(6年生・5年生)実施中です。
【平塚中等対策コース】の詳細・お申込みはこちらのページよりどうぞ


☆新規生徒受付中!10名様限定
お申込み・お問い合わせは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/

ブログランキング
クリックのご協力をお願いいたします!!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村


※ブログの内容やパスワードに関しまして、お電話やメール、面談でのご質問、お問合せは受け付けておりません。ご了承下さい。