crocus-4890813_1920

前の記事の続き。

クラブチームの仲間たちって、やっぱりいいね。好きなものでつながっている同士は最高だ。私自身も、ウィンドサーフィンで森戸海岸へ行き、海の仲間たちと会う時は最高に楽しかった。今の私を支えてくれているのは、大好きなウィンドサーフィンでもあり、そこからつながる様々な人や場所、出来事である。仕事でもなく、住んでいる場所でもなく「好き」で集まる人たちは最高である。

彼(うちの子)は、さらにうまい子たちとサッカーがやりたかったから、クラブチームを選んだ。勉強との両立を考えるなら部活も選択肢の一つだろう。しかし、部活は全員が本当にサッカーが好きという中学生が集まるのでなく、とりあえず部活に入らなければ、という子もいる。中学校の部活とはそういう存在だ。それに対してクラブチームはどうか?




平塚中等対策コース募集状況
☆2020年度平塚中等対策コース生(6年生・5年生 )受付中です。
【平塚中等対策コース】の詳細・お申込みはこちらのページよりどうぞ


堀口塾ではやる気のある新規生を受付中です。
お申し込みはこちらよりお早めにどうぞ! 2週間無料体験

「本当にサッカーがやりたい」という子たちの集まりだ。ベクトルの方向が皆「好き」という方向に揃っている。当然、上手い子もいるし、何より意識が高い。とりあえずなんて子は、わざわざお金を払ってまで行かないだろう。意識の高い子たちが集まる子の方が良い環境に決まっている。本当に好きなことをやりたいならクラブチームを選ぶべきだ。

クラブチームの場合、確かに層が厚いのでレギュラーメンバーに選ばれない場合が多い。小学生のコーチからも「いばらの道が待っている」とも言われた。それを覚悟で行った。やはりうちの子も頑張ったが公式戦にはほとんど出ることができなかった。

単純な話、サッカーは身体能力がものをいう、というのはサッカーど素人の私の意見である。体が大きい子が有利、体が大きければサッカーが上手いのレベルはそれほど関係なく有利ということ。どうしても成長期の中学生は早熟型、晩熟型がいるので身体の大きさや身体能力に差が出てしまい、そこでレギュラーに選ばれるかどうかも決まってしまう。ある程度強くないとチームに人が集まらないから、公式戦ではどうしても身体の大きい子たちを選んでしまい勝ちに行くという理由はわかる。(勝ちばかり優先し過ぎて、体の大きい子たちを集めるチームもあるが、絶対に勧めない、というのは前述した通り)

親として、正直な気持ちを言うと、自分の子が出ない試合ほどつまらない試合はない。公式戦選ばれたよ→けどまたベンチ・・親は遠くまで見に行ったけど出ないからテンション下がる。

けど、子供はどうか?

親のそんな気持ちとは関係なく、遠征も、合宿も、たとえ試合に出られなくても、とても楽しんでいた。親と子は別々、それでいいんじゃないか、と思った。彼ももう中学生なんだし、親と子の感覚が違って当然だ。

仲間を地元でなく外へ求めることは自分のレベルアップにも大切なこと。だから私は高校受験などを機に、地元から外に出ることに大いに賛成する。横のつながりが強い地域ほどお勧めする。実際、堀口塾の生徒にはそのような考えの子が多い。自分の気持ちに素直になり自分の意思でチャレンジし、そして夢を実現し大空へと羽ばたいていく。今年も見事合格を掴んだ子たちは、まさにこれから羽ばたこうとしている。

「好き」な連中が集まる中で好きなことができる環境って最高だ。

それはサッカーだけでなく、スポーツでも他の事でも、どんなことでも同じことだ。

子供の場合、サッカーをやるにあたって、部活でなくクラブチームを選んだことはどうだったのか。高校受験を終えて、トータルでどうだったのか?というと、とても良かった、というのが親の印象である。中学生の3年間はかなり充実していたのではないだろうか。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



☆堀口塾の近況は
平塚の個別指導塾堀口塾のFacebookページ
よりどうぞ

次年度受講生、先着10名様受付中!
☆2020年度平塚中等対策コース(6年生・5年生)実施中です。
【平塚中等対策コース】の詳細・お申込みはこちらのページよりどうぞ


☆新規生徒受付中!10名様限定
お申込み・お問い合わせは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/

ブログランキング
クリックのご協力をお願いいたします!!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村


※ブログの内容やパスワードに関しまして、お電話やメール、面談でのご質問、お問合せは受け付けておりません。ご了承下さい。