landscape-4821659_1920 (1)

「圧倒的自学力」というテーマで取り組む理由の続き。

新型コロナウィルスによる混乱の中、今までのように授業ができないので、私は小学生の受検コース6年生の生徒たちのために、Skypeの中に会議室を作った。




平塚中等対策コース募集状況
☆2020年度平塚中等対策コース生(6年生・5年生 )受付中です。
【平塚中等対策コース】の詳細・お申込みはこちらのページよりどうぞ


堀口塾ではやる気のある新規生を受付中です。
お申し込みはこちらよりお早めにどうぞ! 2週間無料体験

もちろんインターネット上の会議室だが、そこにみんなで集まってグループで難問を解こう、ということにした。生徒たちは楽しそうに会議をしながら取り組み進めているようで一安心。しっかりやっている。また、様子を見ていると、子供たちの世代の特徴で多々気づくことがあり私も学ばせられる。

生徒たちにはどんな状況でも自分で学習する能力を身につけて欲しい。それが私の思いである。だから、日本の多くの塾で行われている多くの宿題を与え無理やりやらせる指導には大反対である。

さて、GMOインターネットグループという会社があるが、この混乱の事態を予想し1月下旬に早々と業務をリモートに移した。

私は「なんて素早い動き何だろう」と驚いた。しかも、それは決して“逃げ”ではない。これはGMOの熊谷社長が「どんな形でも経営はできる」といった経営者としての挑戦でもあると私は受け止めた。結果、業務をリモートにしても「大きな問題はなし」とのことである。

そういう自らが前進する行動に私自身も勇気をいただいた。だから、リモート授業できっとできる!やってみよう!という気にもなった。そして実施、無事終えることができた。最先端を行く若くて元気のある企業は、状況変化に対して柔軟で素早く行動するものだ。

それに対して、いまだに人が出張に行ったり来たりして経費を無駄遣いするような古い体質、昔からあるオールドエコノミーの日本企業は、このような状況で、なかなか思い切ったことはできないだろう。ちなみにひと昔前、最先端を走っていたとある日本の企業は昨日在宅勤務を発表した。GMOの2か月遅れ。企業のフットワークの違いがわかると思う。

私は学習塾が昔からやっている「詰め込み学習」は、その子にとって全く意味がないと言ってきた。だがそういう指導法が受験業界では続いている。新型コロナウィルス感染が心配される混乱の状況になった今、それを考え直すいいタイミングではないだろうか。

今後は何が起こるかがわからない世の中である。もう今までのように、集団授業をしたり、たくさん宿題を与え生徒にやらせる学習法は時代遅れ、各々が一人一人、いつどんなときでも学習する力を身につけなければいけない。と私は強く思った。知識やテクニックの詰め込み、押しつけ、やらされ学習で、ただ単に偏差値の高い学校へ行けばよいのか?いや違う。子供たちが前進する力にはなっていないし、これから先、一層意味を持たなくなるだろう。熊谷社長は中卒だし、ちなみにZOZO前社長の前澤氏も高卒なのは有名な話だ。

生き残るのは常に周りに流されずに常に自分で行動する人たちではないだろうか。こんな今だからこそ「圧倒的自学力」なのである。そして、身につけるのに絶好のチャンスだと思うのである。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



☆堀口塾の近況は
平塚の個別指導塾堀口塾のFacebookページ
よりどうぞ

次年度受講生、先着10名様受付中!
☆2020年度平塚中等対策コース(6年生・5年生)実施中です。
【平塚中等対策コース】の詳細・お申込みはこちらのページよりどうぞ


☆新規生徒受付中!10名様限定
お申込み・お問い合わせは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/

ブログランキング
クリックのご協力をお願いいたします!!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村


※ブログの内容やパスワードに関しまして、お電話やメール、面談でのご質問、お問合せは受け付けておりません。ご了承下さい。