the-leaves-5080909_1920

高校入試研究会では色々な学校の裏話を聞くが、それが今の高校受験の状況を表していて興味深い。ある意味データよりも的確に現状を表している部分もある。

前回の記事「高い倍率の公立高校は目指す価値がある」では横浜翠嵐高校の話を書いた。


神奈川全県模試の高校入試研究会に参加
http://hgjuku.blog.jp/archives/35434775.html


神奈川県公立高校入試、2020年度実質倍率トップ10
http://hgjuku.blog.jp/archives/35437930.html




平塚中等対策コース募集状況
☆2020年度平塚中等対策コース生(6年生・5年生 )受付中です。
【平塚中等対策コース】の詳細・お申込みはこちらのページよりどうぞ


堀口塾ではやる気のある新規生を受付中です。
お申し込みはこちらよりお早めにどうぞ! 2週間無料体験

この学校を受験する者は「絶対に行きたい」と思う子たちが非常に多い。これは示してくれたデータでもわるのだが、それが純粋に自分から本当にそう思ったのではなく“塾に焚きつけられて”横浜翠嵐を目指す子も多いそうだ。

これは校内で行われた「なぜこの学校を目指したのか?」という志望動機に関するアンケート調査に対して「塾から勧められた」という生徒からの答えが多かったとのこと。

それを聞いて「やっぱりね」と思うと同時に「かわいそうだな」と思った。

いくら学力が高くても自分で目指す学校が見つからなければダメである。こういう子たちは大手チェーン塾に通ったいたとすぐに察しが付く。

ダメというのは、言われたことしかできないただの勉強マシンになってしまっている、ということ。そういう人間は将来AIに置き換えられる可能性が高いと私は考える。

茂木健一郎「大学合格が人生の全盛期」な人を生んでしまう“誤った勉強法”
https://shuchi.php.co.jp/article/6328?

志望校決めでは、ほとんどの中学生がこんな感じで塾の言いなりになっているのが現状だ。

高い目標を目指し一生懸命取り組むのはいい。

だが、肝心なものが欠けていると私は思う。


大手チェーン塾の恰好のターゲットになりやすい生徒とは
http://hgjuku.blog.jp/archives/34640205.html


中学生の親が間違える学習塾選び
http://hgjuku.blog.jp/archives/35023829.html

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



☆堀口塾の近況は
平塚の個別指導塾堀口塾のFacebookページ
よりどうぞ

次年度受講生、先着10名様受付中!
☆2020年度平塚中等対策コース(6年生・5年生)実施中です。
【平塚中等対策コース】の詳細・お申込みはこちらのページよりどうぞ


☆新規生徒受付中!10名様限定
お申込み・お問い合わせは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/

ブログランキング
クリックのご協力をお願いいたします!!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村


※ブログの内容やパスワードに関しまして、お電話やメール、面談でのご質問、お問合せは受け付けておりません。ご了承下さい。