butterfly-5363370_1920

最近の高校入試の大きな傾向は、人気校はさらに人気を増し、人気のない高校はどんどん定員割れになっていく、ということだ。

これは少子化や私立高校の授業料無償化で私立に流れてしまうというのが原因と考えられるが、大きな傾向としては、低偏差値の学校から倍率1倍を切る定員割れするような学校がたくさん出てきた。

中学生 高校受験の記事一覧
http://hgjuku.blog.jp/archives/cat_374672.html


平塚中等対策コース募集状況
☆2020年度平塚中等対策コース生(6年生・5年生 )受付中です。
【平塚中等対策コース】の詳細・お申込みはこちらのページよりどうぞ


堀口塾ではやる気のある新規生を受付中です。
お申し込みはこちらよりお早めにどうぞ! 2週間無料体験

また、それだけではなく、トップ校でも人気のない学校は定員割れする可能性がある世の中になった。

たとえば有名なのが2019年の高校入試における平塚江南の倍率である。

平塚に平塚江南高校という平塚旧学区のトップ校があることは、ご存知の通りだが、2019年の最初の希望調査では倍率が1.00倍であった。その後の志願変更で何とか1倍を越えたものの、トップ校としてあり得ない悲惨な志望状況であった。

平塚江南に関しては、神奈川全県模試の研究会でも取り上げられ、かなり厳しいことを言われている。それに対して、横浜東部旧学区でトップ校の横浜翠嵐は前に書いた通り今も超人気である。同じトップ校でもかなりの差がある。

残念ながら、今は“江南へ行ったらすごい!”という憧れイメージは全くない不人気校になってしまった。中学校で良い子で成績が良く本番で大きなヘマをしなければ合格するという学校である。横浜翠嵐を狙う緊張感は全く無しで合格を狙えるだろう。

私は地域の古い考えにとらわれず活気のある学校を勧めたい。だから、もしもこれからお子さんの高校受験が控えているなら、親の頭にある旧学区のイメージは絶対に捨て去った方が良いのである。


高校受験は楽しまなければ絶対に損
http://hgjuku.blog.jp/archives/35469560.html


“塾に焚きつけられて”トップ校を目指す子たち
http://hgjuku.blog.jp/archives/35472732.html


高い倍率の公立高校はなぜ目指す価値があるのか?
http://hgjuku.blog.jp/archives/35466632.html


遠距離恋愛と恋人選びと学校選び
http://hgjuku.blog.jp/archives/35458549.html


高校選びは子の意見ではなく親のエゴか?
http://hgjuku.blog.jp/archives/35446086.html


高校入試は旧学区にこだわり過ぎてはいけない
http://hgjuku.blog.jp/archives/35440174.html

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



☆堀口塾の近況は
平塚の個別指導塾堀口塾のFacebookページ
よりどうぞ

次年度受講生、先着10名様受付中!
☆2020年度平塚中等対策コース(6年生・5年生)実施中です。
【平塚中等対策コース】の詳細・お申込みはこちらのページよりどうぞ


☆新規生徒受付中!10名様限定
お申込み・お問い合わせは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/

ブログランキング
クリックのご協力をお願いいたします!!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村


※ブログの内容やパスワードに関しまして、お電話やメール、面談でのご質問、お問合せは受け付けておりません。ご了承下さい。