sea-5382490_1920

今の子供たちに足りないのは、何かに夢中になることである。広く浅く、という子はたくさんいる。そうではなく、一つのことで良いから、ぐーーっと掘り下げて深く求められる子、である。

ただ学校の勉強ができる、ということではなく、それ以外の「できる」部分である。




平塚中等対策コース募集状況
☆2020年度平塚中等対策コース生(6年生・5年生 )受付中です。
【平塚中等対策コース】の詳細・お申込みはこちらのページよりどうぞ


堀口塾ではやる気のある新規生を受付中です。
お申し込みはこちらよりお早めにどうぞ! 2週間無料体験

たとえば、公立中高一貫校の入試問題なんかが、そうである。

学校の勉強はできても、公立中高一貫校の入試問題のような考える問題が解けない子は多い。わからないことについて考えて解決していく習慣がないので解くことができないのだ。

そいういう子に対して、何かにこだわって深く探求する心をもつ子は、はじめは難しくても、時間をかけて、少しずつ進めていき、やがて解けるようになる。

つまり、何が大事なのかというと、地頭をよくしよう、ということである。先日、地頭について少し書いたが、地頭は暗記・詰め込みで鍛えられるものではない。自分の興味をもとに、深く深く追及し、問題を解決することで鍛えられる部分である。

だから、たくさん勉強をやって、偏差値の高い大学へ行っても、地頭がいいとは限らない。

脳科学者の茂木氏も“探求学習をどれだけ行ったかで、その子の地頭の良さが決まってくる”と言っている。

探求学習とは、自分が興味のあるものに対し課題を設定し、調べたり話し合ったりして、解決していくという方法のこと。

この探求学習を日頃、知らない間に自宅で行っているかどうかで、子供の地頭が決まるということだ。簡単に言うと、子供が夢中になっているもの、ありますか?ということである。

地頭を鍛えよう
https://lineblog.me/mogikenichiro/archives/8415903.html

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



☆堀口塾の近況は
平塚の個別指導塾堀口塾のFacebookページ
よりどうぞ

次年度受講生、先着10名様受付中!
☆2020年度平塚中等対策コース(6年生・5年生)実施中です。
【平塚中等対策コース】の詳細・お申込みはこちらのページよりどうぞ


☆新規生徒受付中!10名様限定
お申込み・お問い合わせは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/

ブログランキング
クリックのご協力をお願いいたします!!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村


※ブログの内容やパスワードに関しまして、お電話やメール、面談でのご質問、お問合せは受け付けておりません。ご了承下さい。