flower-5453072_1920

なぜ同じことを勉強しても成績の差が出るのか?

このことは小学生と中学生以上では事情が少し異なる。中学生以上では、成績が上がらないのは本人のやる気の部分が大きい。本人に考える力はあってもやる気がなければ成績は上がらない。まぁそれが本人の最終的な力になってしまう場合が多いが。

小学生の場合はどうか?



平塚中等対策コース募集状況
☆2020年度平塚中等対策コース生(6年生・5年生 )受付中です。
【平塚中等対策コース】の詳細・お申込みはこちらのページよりどうぞ


堀口塾ではやる気のある新規生を受付中です。
お申し込みはこちらよりお早めにどうぞ! 2週間無料体験

勉強する子は普通にやる気がある子たちなので、取り組めば成績を上げることができる。通知表の◎(最高評価)の数が大幅に増えた生徒もいた。

だが、取り組めばすぐに成績が上がるというのは、学校レベルまでである。

算数の文章題や国語の問題などは力の差が出てくるし、さらに深い内容を学習する公立中高一貫校の勉強では異なり、その子にやる気があっても、成績にかなり差が出てしまう。

だから、普通に小学校で勉強をしていただけでは、子供が本当に勉強ができるかどうか、考える力があるかどうか、ということは、わからない点が多い。自分で問題解決ができるような地頭の強さがあるかどうかは別である。

だが、小学生の通知表で最高評価の数が非常に少ない子は考える力がある可能性があるかどうか、といえば全然そうは言えない。将来大化けする可能性もあると考えるのは自由だが、現時点では、勉強の仕方以前に、時間を守ったり、学習の習慣をつけたりする必要がある。

公立中高一貫校の勉強をすると、学校で勉強ができた子が突然「問題が解けない!」という状況に陥るから、本人も親も焦ってしまうケースが多くある。

だが、子供の勉強というのは、子供がわからない、理解できない、という状態が大事で、それに気づき受け入れられた子供や親は、そこから這い上がることで、一段上のステージに行くことができる。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



☆堀口塾の近況は
平塚の個別指導塾堀口塾のFacebookページ
よりどうぞ

次年度受講生、先着10名様受付中!
☆2020年度平塚中等対策コース(6年生・5年生)実施中です。
【平塚中等対策コース】の詳細・お申込みはこちらのページよりどうぞ


☆新規生徒受付中!10名様限定
お申込み・お問い合わせは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/

ブログランキング
クリックのご協力をお願いいたします!!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村


※ブログの内容やパスワードに関しまして、お電話やメール、面談でのご質問、お問合せは受け付けておりません。ご了承下さい。