elephant-1822636_1920

鶴亀算の話に続き、またまた算数の特殊算の話なのですが、特殊算の一つに平均算というものがあり、これも先日、小6の受験生の授業で説明しました。

特殊算を使う問題というのは、ただ平均を求めるような単純な問題でなく、例えばこんな問題。



【堀口塾YouTubeチャンネル】ブログで書ききれない内容を塾長自らが語ります。 【YouTube】堀口塾チャンネル|平塚中等受検・高校受験対策
☆チャンネル登録をお願いします!


☆2023年度平塚中等対策コース(5年生・4年生・3年生)
【先着10名様限定】
【平塚中等対策コース】の詳細・お申込みはこちらのページよりどうぞ


堀口塾では新規生を受付中です。
お申し込みはこちらよりお早めにどうぞ! 平塚中等対策コース

6日間の食費の平均は、1日につき1550円でした。1週間の食費の平均を1500円以下にするには、残り1日の食費を何円以下にすればよいでしょう。


こういうタイプの問題は、面積を使って解く、といった典型的な解き方があります。検索すると説明しているYoutubeがくさるほど出てきます。

この平均算ですが、私は面積は一切使わず説明しました。確かに面積を使うと理解しやすくはなると思う。しかし、柔らかい小学生の頭に面積のイメージで理解してもらうのはまだ全然早いですよ。てか、面積のイメージで解かせることは小学生の頭に絶対に良くないこと。

図形を使って理解させる教え方というのは、イメージが湧き「あぁなるほど!」と生徒が言う場合が多いので、教える方も教えられる方も満足度が高い。だが、本当にわかったのかというと、それは非常に怪しく、“わかったつもり”になっている場合が多い。

小学生の柔らかい頭なら、こんな面積の説明を使わなくても理解できますよ。面積なんて使ったら頭が硬直化してそのうち働かなくなります。そういう教え方をしている先生が多いから特殊算もダメなんです。だから私は私立中学受験よりも公立中高一貫校受検を勧めます。

私は面積は使わず、私が直接言葉で説明しました。また、授業では“平均算”という言葉も全く出しておりません。てか、何も特殊算に認定するほうがおかしくて、こんなもん、普通に考えればわかるでしょ。

こういうタイプの問題が出て面積使って解けた!でもいいのですけれどね、堀口塾の生徒にはそういう低レベルな解法は教えません。全て1から考えて最後の答えまで導けるようになって欲しい。そういう授業をしています。

私自身も、特殊算をオリジナルの解法で説明するのが楽しくて楽しくて仕方ありません。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



☆堀口塾の近況は
平塚の個別指導塾堀口塾のFacebookページ
よりどうぞ

先着10名様!【残り僅か】
☆2023年度平塚中等対策コース(小学6年生・5年生・4年生)
【平塚中等対策コース】の詳細・お申込みはこちらのページよりどうぞ


☆10名様限定
お申込み・お問い合わせは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/

ブログランキング
クリックのご協力をお願いいたします!!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村


※ブログの内容やパスワードに関しまして、お電話やメール、面談でのご質問、お問合せは受け付けておりません。ご了承下さい。