boat-5965850_1920

毎年、平塚中等教育学校の受検が終わると“平塚中等の合格ライン”を教えて知りたい、という声を非常に多くきく。そして、合格ラインについての記事のアクセスも増大する。

適性検査の問題は、毎年毎年、難易度も変わり、合格基準が明確でないのに、なぜそこまで知りたがるのだろうか?と、思うのだが・・

今年の平塚中等適性検査の合格ライン予想
http://hgjuku.blog.jp/archives/34401813.html


【堀口塾YouTubeチャンネル】ブログで書ききれない内容を塾長自らが語ります。 【YouTube】堀口塾チャンネル|平塚中等受検・高校受験対策
☆チャンネル登録をお願いします!


☆2023年度平塚中等対策コース(5年生・4年生・3年生)
【先着10名様限定】
【平塚中等対策コース】の詳細・お申込みはこちらのページよりどうぞ


堀口塾では新規生を受付中です。
お申し込みはこちらよりお早めにどうぞ! 平塚中等対策コース

私は「受検が終わったらもうおしまい、あとは結果が出るまで楽しみに待つ」という考え。これは中等に限ったことではない。

だが、考えてみると、一般的な受検生の親としては、“平塚中等の合格ライン”を知りたいのは当然のことでもある。

では、なぜ“平塚中等の合格ライン”を知りたがるのか?

その一つとして、「いくら成績が悪くても、ひょっとしたら合格するかもしれませんよ」などと塾の先生などから乗せられて、それを信じてしまう場合。

確かに受験では合格の可能性はゼロ%ではない。だが、あまりにも期待させてしまうのは、大きな問題だ。

もう一つは、「学校側が合格基準を公開していないから」である。

これが一番大きいと思う。

合格、不合格の基準が受検生ご家族にとって明確でないのが、公立中高一貫校受検である。

だからそれをわかった上で、家族での対策が必要だ。だから私はYouTubeでこのようなことを言っている。

だが、一生懸命、何年も費やして受験に備えて、本番もしっかりできたと思ったが「不合格」・・・これでは、納得がいかないのも当然だろう。もしも合格ラインがある程度明確ならば、結果に納得がいくわけだ。

つまり、多くの親御さんたちのそのような思いが“平塚中等の合格ライン”へのアクセス増大につながっていると思う。

【更新】平塚中等対策コース生徒募集のお知らせ【堀口塾】(2021年度)
http://hgjuku.blog.jp/archives/36231713.html

今年の平塚中等・相模原中等受検の合格ラインと気になる問題
http://hgjuku.blog.jp/archives/37111614.html

今年の平塚中等・相模原中等受検の合格ラインと気になる問題(その2)
http://hgjuku.blog.jp/archives/37112699.html

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



☆堀口塾の近況は
平塚の個別指導塾堀口塾のFacebookページ
よりどうぞ

先着10名様!【残り僅か】
☆2023年度平塚中等対策コース(小学6年生・5年生・4年生)
【平塚中等対策コース】の詳細・お申込みはこちらのページよりどうぞ


☆10名様限定
お申込み・お問い合わせは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/

ブログランキング
クリックのご協力をお願いいたします!!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村


※ブログの内容やパスワードに関しまして、お電話やメール、面談でのご質問、お問合せは受け付けておりません。ご了承下さい。