hanover-4152279_1920

神奈川県公立高校入試の筆記、面談が全て終了し、あとは結果を待つだけとなった。

面接は形の上だけの高校もあるが、しっかりやっておけば大丈夫だろう。特色検査はトップ校のみ取り入れられているが、平塚中等教育学校のような問題だから、中等受検を経験しておけば対策も楽なはずだ。




☆2021年度平塚中等対策コース(新4年生・5年生・6年生対象)
只今、平塚中等対策コース受講生受付中!【先着10名様限定】
【平塚中等対策コース】の詳細・お申込みはこちらのページよりどうぞ


堀口塾では新規生を受付中です。
お申し込みはこちらよりお早めにどうぞ! 2週間無料体験

さて、前の記事では、たとえば、公立高校においては、平塚・大磯地域から横浜方面へ通う子はいても、横浜方面から平塚・大磯地域へ通う子は少ない傾向にある、と書いた。

そのために昔は人気があったが、今は全く人気がなくなった高校もある。

『人気のない高校=勢いのない高校』

である。

人気のない学校というのは、空き教室があってがら~んとしていたり、校内や教師の雰囲気が暗かったりする。

これは高校教師時代に私自身が感じたことでもある。

また、校舎も古く設備が乏しすぎる。だから人気のない、ということもあるが、私はそのような高校へ行くことを勧めない。私立なら尚更。

元気のない学校、今時古過ぎる校舎の学校へ行っても、子供たちは楽しくないからだ。

だから堀口塾ではもっと広い範囲に目を向け、自分に合った『行きたい』と思える高校を探すよう勧めている。

私は高校受験生たちに

「遠くまで視野を広げて選ぼう」、

「遠くにあっても自分に合った学校を選ぼう」

と言っている。

地元しか知らない人が、遠くの設備が整った学校へ行くと

「こういう学校もあるんだぁ!」

と思い、びっくりすると思う。

偏差値の高さではない。

偏差値で学校を選んでいるあなたは、おそらく受験産業に振り回されてしまっているのでしょう。

学校選びは偏差値の高さではなく、子供に合った学校だ。

そんな学校を見つけて子供たちを行かせたいと私は思っている。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



☆堀口塾の近況は
平塚の個別指導塾堀口塾のFacebookページ
よりどうぞ

次年度受講生先着10名様受付中!
☆2021年度平塚中等対策コース(現小学5年生・4年生・3年生)只今募集中です。
【平塚中等対策コース】の詳細・お申込みはこちらのページよりどうぞ


☆新規生徒受付中!10名様限定
お申込み・お問い合わせは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/

ブログランキング
クリックのご協力をお願いいたします!!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村


※ブログの内容やパスワードに関しまして、お電話やメール、面談でのご質問、お問合せは受け付けておりません。ご了承下さい。