buildings-5941345_1920

もうバブルの時代ではないので、いい加減親は「子供を有名な大学へ入れたい」という考えを辞めたほうがいいと思う。

偏差値や有名というだけで選んだ大学というのは、その子にとっていわゆる「就職訓練校」みたいなものだから、

「これからの人生それで楽しいのかい?」

と聞きたくなる。




☆2021年度平塚中等対策コース(新4年生・5年生・6年生対象)
只今、平塚中等対策コース受講生受付中!【先着10名様限定】
【平塚中等対策コース】の詳細・お申込みはこちらのページよりどうぞ


堀口塾では新規生を受付中です。
お申し込みはこちらよりお早めにどうぞ! 2週間無料体験

僕の大学時代はぎりぎりバブルの時代だったので、周りの友人たちは、好きとかやりたいこととかはあまり関係なく、給与も福利厚生も恵まれていた華やかな大手有名企業に就職していった。

それとは逆僕は、なぜか「有名企業」というものに興味が全く出ず、就職活動もほぼせず、僕自身「教える」仕事がやりたかったので、教頭先生から「うちに来いよ」とお誘いをいただいた母校の非常勤講師を選んだ。

今思い返すと「有名」よりも「好き」を優先してよかったんじゃないかな、と思う。

日経平均株価は上がっているけど、私が大学生の時とは明らかに異なる。かつての日本の大企業も勢いがないし、若いIT企業も何かあぶなっかしい。Youtubeで偉そうなこと言っている起業家も胡散臭くてたまらない。

つまり、企業や有名大学とか、

もう周りに頼るのはいい加減やめよう!

働くなら、

自分のスキルを高めるために働け!

ということ。

僕はあくまでも「好き」という「自分の軸」が大事だと昔から思ってきた。

コロナや大災害などいつ何がやってくるかわからない今は特にそうだ。好きなことを全然しないで死んでしまったら、生まれてきた意味はあるのだろうか?

周りがどうなっても「好き」という「自分の軸」はブレないから、好きなことが続けていける。つまり「幸せ」になれるということだ。どの大学を卒業したか?ではなく、ネームバリューでも何でもない。

親は古臭い偏差値主義の頭を持つものだから、そういう親から吹き込まれて無理やり有名大学を目指す子たちは今でも多い。それはかわいそうだが、それはそれで仕方ない。

とにかく今の世の中は昔と違うんだから、お子さんを大らかに育てるべき、と、気づいた親も少なからずいる。

それが子も親も幸せになる方法だと確信します。


☆堀口塾の近況は
平塚の個別指導塾堀口塾のFacebookページ
よりどうぞ

次年度受講生先着10名様受付中!
☆2021年度平塚中等対策コース(現小学5年生・4年生・3年生)只今募集中です。
【平塚中等対策コース】の詳細・お申込みはこちらのページよりどうぞ


☆新規生徒受付中!10名様限定
お申込み・お問い合わせは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/

ブログランキング
クリックのご協力をお願いいたします!!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村


※ブログの内容やパスワードに関しまして、お電話やメール、面談でのご質問、お問合せは受け付けておりません。ご了承下さい。