お子様の受験における着地点はどこでしょうか?

と聞かれたら、どうお答えでしょうか。

中学受験でしょうか?

高校受験でしょうか?

それとも大学受験でしょうか?

なぜこのようなことを聞くかと言いますと、中学受験の時点で、もうすでに、疲れ切ってしまって元気のない、目が死んでしまっている小学生が多いからです。毎日、サッカーや野球などスポーツをやっている小学生はそんなことはありませんが、もう一方では、合格に向けて勉強に明け暮れる小学生もいます。

中学受験が最終目標、ではありません!!

中学受験する目の死んだ子供たちを見てきて思ったこと その2
http://hgjuku.blog.jp/archives/5164351.html


例えば、こんな言い方をしてしまうのは、失礼かもしれませんが、中学受験に失敗しても、まだまだ、高校受験、そして、大学受験があります。大学受験にたとえ失敗しても、大学院受験、就職、そして、第二の人生・・・元気に生きている限り、チャンスでいくらでもあります。

大切なのは「元気」なのです。小学生のうちからこの「元気」がなくなってしまっては、どうでしょう?その先、まだまだ長いですし、チャンスはいくらでもあるというのに、最初の関門(小学校受験もありますが・・)という中学受験でお子様を疲れ果てさせてはいけないと思うのです。



堀口塾では新規生受付中です。お申し込みはお早めにどうぞ! 2週間無料体験

中学受験に合格しても、それで安心しきってだらけてしまっている中高一貫校の生徒はとても多いです。これまで、学校という現場で、そういう生徒に「目を覚ませ!大学受験があるぞ!!」といってきたつもりですが、本人は、なかなかその気になってくれません。日本球界を蹴って大リーグのボストン・レッドソックスで活躍している田澤選手がいますが、彼は「常に危機感を持っていきたいです」と言っています。安心したらその時点でもう終わりです。

名門の歴史に名を刻む田澤純一 あと4登板でRソックス歴代トップ5入り
http://full-count.jp/2016/07/25/post39486/


お子様には、まだまだ先があります。中学受験でお子様を駄目にしてしまっては本当にもったいないです。やっぱり、受験なら中学よりも、その先の大学受験に目標を定めて親子一緒に頑張って欲しいですし、大学から就職、仕事、生きがい・・と繋がっていきます。

私立中高一貫校のお子様は大学受験まで見守ってあげて下さい
http://hgjuku.blog.jp/archives/5386222.html


とにかく、目の死んだ子には育ててはいけないと思うのですよ。勉強はお子様の人生を切り開くための大切な手段になります。遊ぶ時期にたくさん遊んで、勉強するときにたくさん勉強する。着地点は中学だけでなく、まだその先の大学もあるんだ、そういう考えが、子供にゆとりを持たせ、焦らず楽しく、とてもいい人生を送れるのだと思います。お子様の「元気」というエネルギーを失くさずに!!

チャンスはまだあります!

頑張っていきましょう!!



☆堀口塾の近況は
平塚の個別指導塾堀口塾のFacebookページ
よりどうぞ

☆2019年度平塚中等対策コース(6年生・5年生・4年生 人数限定) 只今受講生募集中
詳しくはこちらのページよりどうぞ。

☆新規生徒受付中!小学生10名限定、中学生・高校生10名限定
お申込み・お問い合わせは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/

ブログランキング
クリックのご協力をお願いいたします!!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村


※ブログの内容に関しまして、お電話やメールでのご質問は受け付けておりません。ご了承下さい。