平塚の個別指導塾の塾長堀口です。

夏休みが明けると学校説明会が頻繁に行われるようになります。

特に生徒確保を狙う私立では土曜日に何度も行われたりします。

そこで大切なことを、堀口塾ブログの中の「学校説明会で大切なこと」(その1)という記事でも書きましたが、もう少し書きたいことがあったので、こちらのブログにも書かせていただきます。

学校説明会で大切な要点は、堀口塾ブログでも書きました。

簡単に言いますと、


学校の雰囲気を感じること、と、生徒を見て感じること


です。

見ただけで判断するのではなく、


心で感じること


が大切です。

例えば、単純に校舎がきれい、新しい、ということだけで、良い学校と判断しないことです。大抵は説明会の前日に大掃除をしたりしますし、耐震化が進む今のこのタイミングで校舎を立て替えしている学校はとても多いです。

ですから、


校舎が新しいことやきれいなことは珍しくない


のです。逆に飾らない古い校舎の学校の方が、雰囲気が良かったりします。


【新規生受付中!先着20名様限定!お申し込みはお早めにどうぞ】 2週間無料体験

ですから心の中で感じて欲しいのです。そして、

お子様にこの学校が合うのか?合わないのか?

を考えることです。

やはり学校というのは、

お子様に合う合わない

があります。特に私学の場合はそうです。私は長い間、私学に関わってきましたが、今は昔に比べて、


私学選びは本当に難しい


と思います。


子供をダメにしてしまう私学


をたくさん目の当たりにすると本当にそう思います。

子供に合わない私立に入学させるより公立を選ぶ方がよっぽどいいでしょう。

今の時代、良い私学というのが本当に少なくなってきていますし、

私らが高校生の頃とは私学の性質がだいぶ変わってきている

のは事実です。

先生たちも大変で、今は世間からうるさく言われ、問題があったら評判を落とすから隠蔽したり、若い先生の負担が大きく鬱になって途中で辞めてしまったり・・・いろいろあります。

ですから、本当にお子様に合った私立を見つけるというのは至難の技なのです。

それに加え、学校事情なんか何にも知らない大手塾の先生やスタッフが、お子様の志望校を勝手に偏差値だけで選んでいます。学校の教壇に立って教えている者が難しいと言っているのに、学校の事情を全く知らない大手塾のスタッフに学校選びを任せるのは本当に危険なのです。

最近の学校は、見かけを良くしよう、保護者のウケを良くしようとして、おしゃれなカフェテラスなどを作ったりします。これは学校のことをよく知らない建築家などのデザインによるものや、ミーハーな考えを持つ学校サイドの考えかもしれません。

しかし、学校で大切な本質の部分は、そういうところではないと思うんですよね。

ということで、お子様が受験される保護者の方々は、

学校へ、

行って、

見て、

そして、

感じてみて下さい。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。




ブログランキング目指せ第1位!
クリックのご協力をお願いいたします!!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村

新規生徒募集中!20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/