平塚市八重咲町の個別指導塾「堀口塾」の塾長堀口です。

塾の宿題というのは、
どのくらい出したら良いのかというのは、
個人の状況によって色々変わると思います。

そこで大事なことは、

出しゃいいってもんじゃない

ということです。

塾の宿題は出しゃいいってもんじゃない。

特に大手塾に言えることです。

テキストなりプリントなりを、
その子の状況をわからずにどんどん宿題を出すのは
単なる塾側の自己満足なんですよね。

塾ばかりでなく、
学校も同じことが言えます。

以前学校で私がそうだったことが
ありました。

生徒の方も、
プリントをたくさんもらえば、
やった気になるわけです。


【新規生受付中!先着20名様限定!お申し込みはお早めにどうぞ】
2週間無料体験

そうではなくって、
勉強って状況で知識を吸収する量というのが
人それぞれです。

無理やりやっても、
すーっと頭から抜けていくものです。

だったらそんなのは無駄でしょう。

また、ワークもありますので、
塾でしっかり集中して学習すれば、
家に帰ってワークをやるだけで、
通常の学習では十分だと思います。

授業中にどれだけ集中できているかが大切なのです。

たくさん宿題をやったからといって
必ずしも成績が伸びるわけではありません。

大手塾がやたらと宿題を出すというスタンスが、

塾側が面倒見ている感を子供や親にアピールするのか、

子供のことをちゃんと考えているのか、

どちらなのか?

と言うと、私は経験談から前者の方だと思いますね。

生徒によって宿題も適量ってのがありますからね。

そういうことも考えず出しゃいい、
というやり方は大反対です。

ちゃんと、今あるもの(ワークや教科書)で、
ちゃんと消化(理解)すれば十分な場合がほとんどですよ。



ブログランキング目指せ第1位!
クリックのご協力をお願いいたします!!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村

新規生徒募集中!20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/