前回は、塾の宿題は出しゃいいってもんじゃない、という記事を書きました。

宿題は出す側と出される側のバランスが大切です。

以前・・もう20年くらい前でしょうか、とある私立高校で家庭学習用のプリントをたくさん作って、たくさん生徒に配っていました。生徒たちは喜んでいましたが、果たして、これって私が配った分だけ、生徒たちの役に立っているのだろうか?ひょっとしたら自分がプリントを作ったという事実を生徒たちに押し付けているんだろうか?ということで考えました。

そして、もう少し考えて、生徒が必要な分を配ることがベストであるという結論に達しました。そして、プリントが要らないよう、授業で生徒たちの頭に入るように工夫しました。



【新規生受付中!先着20名様限定!お申し込みはお早めにどうぞ】 2週間無料体験

先生やる人ってプリントを作るのが好きな人が非常に多いんですよ。本当に多いです。けど、それって自己満足なんじゃないか?と思います。そういう先生は自分で本を出版すればいいのに・・。

確かにプリントで先生が自分の世界を持つことも大切ですが、やり過ぎもどうなのかと思うようになりました。それを必要とする人もいるけど、必要としない人もいる、無理やり押し付けてもいけないんじゃないかと・・。

宿題の話に戻ります。たくさん宿題を出す塾も同じです。大手でもこういう塾って非常に多い。塾はぶっちゃけ塾は宿題を出さなくてもいいと思います。あと、提出義務なんかもしないほうがいい。特に中学生はワークがあるから、家でワークをやる習慣をつけるのがまず第一です。

塾から宿題を出すのは、ワークをしっかり余裕でできる子だけでいいと思います。ですから、しっかり自信を持ってワークをこなしていきましょう。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。




ブログランキング目指せ第1位!
クリックのご協力をお願いいたします!!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 平塚情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 個別指導塾へ
にほんブログ村

新規生徒募集中!20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/