受験 のページ|平塚市のプロ講師による個別指導塾 堀口塾

受験のページです。
神奈川県平塚市八重咲町にある「堀口塾」はJR平塚駅前にあるプロ講師が塾長の個別指導塾です。
これまで駒場東邦・攻玉社、Z会東大マスター・代ゼミなどでプロ講師として教え、多くの生徒たちを
東大・京大・早慶・平塚中等などの合格に導いてきた塾長がこれからの新しい教育を語るブログです。

カテゴリ:受験 学習情報 > 受験 のページ

今日は平塚は七夕祭りの二日目です。午前中は小学生たちと土曜講座の授業で、ちょこっと七夕祭りへ繰り出しました。小学生9人の引率は・・・想定外で・・みんなテンション高かった・・。汗。。

午後は保護者様との面談でした。お暑い中、教室までお越し頂きまして、ありがとうございました。

保護者様との面談では、お子様が「自分で志望校を選びました」と聞いて本当に嬉しかった。

本当に本当によかったです。

受験で合格するための志望校の決め方とは?
http://hgjuku.blog.jp/archives/16850547.html

私は偏差値でなく、本当に自分の行きたい学校を自分で調べて選んで「行きたい」と思った学校があって、本当に良かったと思います。

以前、教えた教え子にもそういうお子さんがいて、大学も偏差値でなく、自分が大学で勉強したい内容で大学を選びました。それで正解でした。いくら偏差値が高くても、やりたくない勉強で最低4年間通うなんて、なんて苦痛なことか!

世間では母親が自分の子供を東大に何人合格させたか?・・というようなことが話題になっています。

しかし、そんな親の言いなりになって合格することよりも、自分で本当に行きたい学校が見つかって、その学校に子供が合格してもらう方が、何百倍も何千倍も幸せなことかと!!私はそう思います。

周りの情報に流されずに我が道を行くご家庭は合格する
http://hgjuku.blog.jp/archives/15601972.html
受験の情報は知り過ぎないことが大切
http://hgjuku.blog.jp/archives/15112357.html

堀口塾では志望校は自分で探してもらっています。偏差値だけでは決めません。それも指導の一環です。それには訳があります。

ママ友ほど厄介なものはない
http://hgjuku.blog.jp/archives/14740828.html
新規生募集 無料体験講習実施中! 夏期講習 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

地元の公立校はちょっと・・・という安易な発想で私立受験をされる方も多いですが、ワタシ的にちょっと待ってください・・と言わせて頂きます。

これまでたくさんの私立校の教壇に立ってきて思うのが、その学校を選んだからと言って決して安心できない、ということです。

内部で働いてみれば本当によくわかります。名前の有名な私立校であっても

“落とし穴”

というのがあります。

その一つが・・

新規生募集 無料体験講習実施中! 夏期講習 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

義務教育の中学校から高校受験をして高校に入学しなければなりませんが、高校受験がゴールではありません。

“高校受験は単なる通過点”

です。

また、中学受験に関しては、なおさらそうですね。

ある程度“良い学校”と言われる公立高校や私立高校に見事合格したとしましょう。

しかし、大事なのはその先・・つまり、

高校でどう過ごすか?

そして、

大学受験

です。

受験を意識するなら、どの大学へ行くのか?ということが、一番大切なことではないでしょうか。

新規生募集 無料体験講習実施中! 夏期講習 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

先日、子供が大学見学に行きましたが、やはり学歴という点では、大学や大学院がとても大切だと思います。それは仕事に直結する場合が多いからです。企業側が採用する時も、重要視するのは、中学校や高校ではなく大学です。

本当に大事なを勉強するのは大学以降です。大学院では、さらに深く勉強します。ですから勉強の意欲が大学まで残っている学生は強いです。そして、大学でそれまでの勉強の仕方が生かされるんだと思います。これが中学、高校、大学の受験勉強で子供が疲れ果ててしまうと難しいです。

新規生募集 無料体験講習実施中! 夏期講習 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

高校受験である程度偏差値の高い高校に合格しても安心は全くできません。やはり一番大事なのは「大学受験」ではないかと思います。

これは中学受験でも同じですが、頑張って、偏差値の高い中学校や高校に合格して入学しても、そっこでだらけてしまっては意味がありません。また、せっかく入学しても、勉強しなくなってしまい、大した大学には入れなかった生徒も多いです。本当にもったいないです。

人間というのは子供であれ大人であれ、燃え尽き症候群、というものがあります。

受験で自分の力を使い尽くしてしまい、入学後に無気力になり、せっかく受験して入ったのにあまり意味がなかった生徒たちを今までたくさん見てきました。

私は子供たちがそうにはならないで欲しい、と強く思います。


新規生募集 無料体験講習実施中! 夏期講習 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

中学受験には私立中学受験と公立中高一貫校受験があります。

今までは、中学受験といえば私立中学受験でしたが、最近、公立中高一貫校受験が話題になってきました。

公立中高一貫校受験が話題になってきたというのは、私立中学受験と合格基準が違う、ということが少しずつ保護者にも伝わってきてたからでしょう。もちろん、経済的負担も少ないということもあるかもしれません。

新規生募集 無料体験講習実施中! 夏期講習 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

このブログでもたくさん書いていますが、お子さんの入試や受験の大事なポイントというのは、

周りの受験情報に流されないこと

です。これはしっかりと自分の中の軸をしっかりと持ち、お子さんに合う教育環境を選ぶことです。しかし、ここで邪魔になるのが、ママさん情報です。そういうものに流されてはいけません。

ママ友ほど厄介なものはない
http://hgjuku.blog.jp/archives/14740828.html

例えば、ママさんグループの中でみんな同じ塾へ行くのにうちだけ違う塾へ行く・・こうなると、うちだけ仲間はずれになるのかな?という心配もあるでしょう。


新規生募集 無料体験講習実施中! 夏期講習 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

よく平塚中等を記念受験で受験されるご家庭がいますが、それはとても、もったいないです。まず、クラスでも成績がよいほうで、「ひょっとしたら合格するかな?」と思っても、ほとんど不合格になってしまうものです。

それは当然で、公立中高一貫校の倍率は非常に高く、平塚中等の場合は5倍強ですから、平塚以外に住んでいる方々も、狙ってきます。だから、たまたまなんてことはまずないでしょう。
新規生募集 無料体験講習実施中! 夏期講習 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

昨日は太洋中の新中三生の生徒さんと受験の話になり、志望校などのことを聞きました。提出物などをしっかり提出していて、部活でも責任ある役を務めているので、あとは学力アップを目指すだけです。

じゃぁ自分がどれくらい学力アップすればよいのか?ということですが、それには“自分の今の位置”を知る必要がありますので、模擬試験を受ける計画を立てました。模試にも色々ありますが、大手塾系の模試は受けてはいけません。ちゃんと母体数の大きい偏りのない一般的な模試を受けるように言いました。


新規生募集 無料体験講習実施中! 夏期講習 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

今日は神奈川県公立高等学校の入試の発表日ですが、同じ個人塾の塾長さんからも合格の声が届いて嬉しい限りですね。私も本当に嬉しいです。

志望校の決め方において、個人塾が大手塾と違うところは、大手塾は塾の実績や塾と私立高校との仲良し関係を重視して決めるのに対して、個人塾は、その子の立場に立って志望校を決める、というところです。また、個人塾は受験生を最後まで生徒を見捨てない、というところが大きな特徴です。

大手塾は上層部の目や司令、自分の成績があるから、決め方が塾中心なのはやむを得ないんでしょう。けど、受験生にとっては全く良いものではありません。

それに対して、個人塾の塾長さんの志望校に対する考え方はとてもニュートラルです。個人塾には上層部なんてものありません。どの塾長が信念持ってやってますから、生徒の立場に立って親身に考えてあげられるのです。

今の世の中の教育環境を考えると、第一志望で公立高校に合格するのが一番良いと思います。


新規生募集 無料体験講習実施中! 夏期講習 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

よく自分の子供を「勉強ができる子」と思っている親がいます。こういうことは親の口からは決して言わないでしょう。この記事を読んでいる方はどうでしょうか?

けど、何を基準に勉強ができる?ということでしょう。たとえば親の言われるがままに子供が勉強して通信簿の評価は良いけど、それが本当にできるということでしょうか?

やらされている感が強い子供は伸びない
http://hgjuku.blog.jp/archives/7463301.html

別にできると思うことは勝手ですから別にいいのですが、そう思わないほうが謙虚になれますね。謙虚のほうが何事にも成功すると私は思います。しかし、調子がいいと調子に乗ってしまい、謙虚になれないのが人間なんですが・・。

小中学生の頃は親の考えの影響が大きく、子供を左右しますから、親の考え方というのが大切です。

新規生募集 無料体験講習実施中! 夏期講習 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

今日、平成29年2月3日(金)は平塚中等教育学校の適性検査の日ですね。

明日は平塚中等の入試の日、2年前の我が家は?
http://hgjuku.blog.jp/archives/13058192.html

入試の結果はというのは、もちろん実際に発表の日にならないとわからないものです。しかし、だいたい、事前にわかるもの、と私は思うのですが、どうでしょう?

親自身も今まで入試を体験された方は多いと思いますが、合格の時ってたいてい、自分自身が「できた!」と思うことが多かったのではないでしょうか?結果というものは、本人が一番よく知っていると思います。


新規生募集 無料体験講習実施中! 夏期講習 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

もうすぐ本格的な入試シーズンを迎えますが、我が家の中学受験はもうとっくに終わりました。中学受験というか、うちの場合は学校ではなく、子供がサッカーをどこでやるか、ということで色々考えました。

部活でなく外部のチームでやるとなれば、たいてい試験、つまり、セレクションというものがあります。それに合格しなければ入れません。これは、中学受験される人が私立中学校を探すのと一緒なのかもしれません。

うちはたまたま、コーチから「〇〇のセレクションがあるけど受けませんか?」というメールが選手に届きました。そのチームとは、以前大神グランドで戦ってうちらかが1-13でボロ負けした常勝チームなのです。小学校チームとは全く違う性質のチームです。彼はきっとカルチャーショックを受けたんじゃないかな。

うちのぼうず、そのチームのセレクションを受ける、って言い一人でセレクションへ行きました。このチームに合格したとしても、通うのが遠いので、同じチームメイトで受ける子はいませんでした。平塚の子は、普通行かないような場所です。そんなに遠くへは思い入れがないと行かないでしょう。ただ、普通にサッカーをするなら地元の中学校でもいいわけですから。


新規生募集 無料体験講習実施中! 夏期講習 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

模試ってそもそも何のために存在しているのでしょう?

その子が今全国でどのくらいの位置にあるのか?というのが模試の本来の目的であったはずです。

大学受験の模試なら、今でもちゃんとその機能を果たしていると思うんですよ。

しかし、特に中学受験の模試などは、どうなんでしょう?

受験生や親の不安を煽る要素だけになっている

んじゃないでしょうか。

最初に言っておきますが、

模試の結果に振り回されてはいけない

そして、

模試の結果に一喜一憂してはいけない

ということが大切です。

勉強で大切なのは、孤独でも不安でも周りに流されない強さ
http://hgjuku.blog.jp/archives/4935672.html


新規生募集 無料体験講習実施中! 夏期講習 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

先日、新年会がありました。そこで久しぶりに会った教師時代の友人と話したんです。

昔の仲間と会うとついつい愚痴っぽくなるパターンてありますよね。私はお酒を飲んで愚痴るのが大嫌いです。

お酒って楽しく飲みたいじゃないですか、だから話題には気をつけていますが・・その彼から一言、昔一緒に働いていた、とある私立中高の話が出ました。

あの学校は最悪だったよ、と・・・

その理由として、

「あの学校の生徒たちって、まず挨拶できなかったよね」

とのことでした。

そして、

今の学校はどうあるべきか

という話を熱く語ってしまいました。

同感です。

挨拶ができない生徒がいる学校が良いはずありません。

親と子の学校選びの基準は色々あります。

おそらく一番多いのは、偏差値なんじゃないかと思います。そして、距離・・つまり近い遠いというのもありますし、その学校がブラックかどうか?というのもあります。親が卒業生だから、というのもありますね。あとネームバリューや評判・・など色々です。

学校は偏差値で選ぶのではなく、子供が行きたいかどうかで選ぶ
http://hgjuku.blog.jp/archives/9355987.html

その中で、私がこれだけは言いたい、というものがいくつかありますが・・


新規生募集 無料体験講習実施中! 夏期講習 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

↑このページのトップヘ