受験 学校情報 のページ|1万人の生徒を指導した塾長がこれからの教育をマジで語るブログ

1万人の生徒を指導した塾長がこれからの教育をマジで語るブログ : 受験 学校情報

平塚市八重咲町の個別指導塾「堀口塾」は開校以来二年連続で平塚中等教育学校の合格者を輩出!高校受験では小田原高校合格をはじめ全員第一志望校に合格!プロ講師として最大手予備校や難関私立トップ校などで1万人以上教え、多くの生徒を東大、京大、早慶などの難関大学に送り込んだ塾長が徹底指導する個別指導塾です。

トップページ>>

平塚中等教育学校の合格者を開校以来二年連続で輩出!高校受験では小田原高校合格をはじめ全員第一志望校に合格!平塚市の個別指導塾 堀口塾はプロ講師として最大手予備校や難関私立トップ校などで1万人以上教え、多くの生徒を東大、京大、早慶などの難関大学に送り込んだ塾長が徹底指導する個別指導塾です。

カテゴリ:入試 > 受験 学校情報 のページ

義務教育の中学校から高校受験をして高校に入学しなければなりませんが、高校受験がゴールではありません。

“高校受験は単なる通過点”

です。

また、中学受験に関しては、なおさらそうですね。

ある程度、“良い学校”と言われる公立高校や私立高校に見事合格したとしましょう。

しかし、大事なのはその先・・つまり、

高校でどう過ごすか?

そして、

大学受験

です。

受験を意識するなら、どの大学へ行くのか?ということが、一番大切なことではないでしょうか。

新規生募集 無料体験講習実施中! 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

中学受験には私立中学受験と公立中高一貫校受験があります。

今までは、中学受験といえば私立中学受験でしたが、最近、公立中高一貫校受験が話題になってきました。

公立中高一貫校受験が話題になってきたというのは、私立中学受験と合格基準が違う、ということが少しずつ保護者にも伝わってきてたからでしょう。もちろん、経済的負担も少ないということもあるかもしれません。

新規生募集 無料体験講習実施中! 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

db74ce13a59ee1f6a2745b4777987faa_s


このブログでもたくさん書いていますが、お子さんの入試や受験の大事なポイントというのは、

周りの受験情報に流されないこと

です。これはしっかりと自分の中の軸をしっかりと持ち、お子さんに合う教育環境を選ぶことです。しかし、ここで邪魔になるのが、ママさん情報です。そういうものに流されてはいけません。

ママ友ほど厄介なものはない
http://hgjuku.blog.jp/archives/14740828.html

例えば、ママさんグループの中でみんな同じ塾へ行くのにうちだけ違う塾へ行く・・こうなると、うちだけ仲間はずれになるのかな?という心配もあるでしょう。


新規生募集 無料体験講習実施中! 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

entrepreneur-1340649_1920

昨日は太洋中の新中三生の生徒さんと受験の話になり、志望校などのことを聞きました。提出物などをしっかり提出していて、部活でも責任ある役を務めているので、あとは学力アップを目指すだけです。

じゃぁ自分がどれくらい学力アップすればよいのか?ということですが、それには“自分の今の位置”を知る必要がありますので、模擬試験を受ける計画を立てました。模試にも色々ありますが、大手塾系の模試は受けてはいけません。ちゃんと母体数の大きい偏りのない一般的な模試を受けるように言いました。


新規生募集 無料体験講習実施中! 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

昨日2/10は平塚中等教育学校の合格発表の日でした。堀口塾からも生徒さんが受験しまして、見事合格しました。平塚中等合格率100%です!

image


昨日は私も結果がとても気になっていました。午前中は平塚市平塚のポスティングをしましたが連絡がなかったので、どうだったのかな?けど、きっと本人の口から言ってくれるだろう・・と信じていました。

しかし、結構ドキドキでしたね。自分の子供の時よりもドキドキしました(笑)

新規生募集 無料体験講習実施中! 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

今日、平成29年2月3日(金)は平塚中等教育学校の適性検査の日ですね。

明日は平塚中等の入試の日、2年前の我が家は?
http://hgjuku.blog.jp/archives/13058192.html

入試の結果はというのは、もちろん実際に発表の日にならないとわからないものです。しかし、だいたい、事前にわかるもの、と私は思うのですが、どうでしょう?

親自身も今まで入試を体験された方は多いと思いますが、合格の時ってたいてい、自分自身が「できた!」と思うことが多かったのではないでしょうか?結果というものは、本人が一番よく知っていると思います。


新規生募集 無料体験講習実施中! 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

もうすぐ本格的な入試シーズンを迎えますが、我が家の中学受験はもうとっくに終わりました。中学受験というか、うちの場合は学校ではなく、子供がサッカーをどこでやるか、ということで色々考えました。

部活でなく外部のクラブチームでやるとなれば、たいてい試験、つまり、セレクションというものがあります。それに合格しなければ入れません。これは、中学受験される人が私立中学校を探すのと一緒なのかもしれません。

うちはたまたま、コーチから「〇〇のセレクションがあるけど受けませんか?」というメールが選手に届きました。そのチームとは、以前大神グランドで戦ってうちらかが1-13でボロ負けした常勝チームなのです。小学校チームとは全く違う性質の強豪クラブチームです。対戦した時、彼はきっとカルチャーショックを受けたんじゃないかな。

うちの子は、そのチームのセレクションを受ける、って言い一人で横浜までセレクションへ行きました。こちらのチームに合格したとしても、通うのが遠いので、同じチームメイトで受ける子は一人もいませんでした。平塚の子は、普通行かないような場所です。そんなに遠くへは思い入れがないと行かないでしょう。ただ、普通にサッカーをするなら地元の中学校でもいいわけですから。


新規生募集 無料体験講習実施中! 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

模試の結果に一喜一憂してはいけない


模試ってそもそも何のために存在しているのでしょう?

その子が今全国でどのくらいの位置にあるのか?というのが模試の本来の目的であったはずです。

大学受験の模試なら、今でもちゃんとその機能を果たしていると思うんですよ。

しかし、特に中学受験の模試などは、どうなんでしょう?

受験生や親の不安を煽る要素だけになっている

んじゃないでしょうか。

最初に言っておきますが、

模試の結果に振り回されてはいけない

そして、

模試の結果に一喜一憂してはいけない

ということが大切です。

勉強で大切なのは、孤独でも不安でも周りに流されない強さ
http://hgjuku.blog.jp/archives/4935672.html


新規生募集 無料体験講習実施中! 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

平塚中等の不思議、野球部がないのは何故か?


平塚中等の不思議を一つ書いてみます。

平塚中等教育学校に野球部がないのは何故か?

ということです。

平塚中等に入ったあと、たまに話題になっています。うちはサッカー派なので野球部がなくても特に困らないというか、子供はもちろんサッカー部でもないですが、そういえば不思議ですね。

うーん、けど、私なりに考えると、もしも野球部があったら、生徒が勉強についていくのがとても大変ではないかと思います。息子さんが野球部の友人は、野球はサッカーに比べて、時間的にルーズだと言ってました。ということは、部活に費やす時間が長くなり学業がおろそかになる可能性があります。

以前、都内の私立高校で教えていたときに、学年の先生から、放課後に補習をやって下さいませんか?と言われました。

平塚中等など公立中高一貫校は誰もが合格するわけではない
http://hgjuku.blog.jp/archives/12248372.html
平塚中等を受験しても合格する可能性は?
http://hgjuku.blog.jp/archives/11068091.html
新規生募集 無料体験講習実施中! 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

中学入試本番で絶対やってはいけないこと


これまで20年以上私立中学や私立高校の入試に関わってきました。もうすぐ私立、公立とも中学入試の本番のシーズンですが、入試本番で絶対にやってはいけないことは、“学校の入試規定に従わないこと”です。

今年の大学入試センター試験では過去最大の12件の不正がありりました。

・不正行為の内訳は、電卓の使用6件
・定規使用2件
・試験終了後のマークシートの修正2件
・スマートフォン使用(教科書画像の閲覧)1件
・試験監督者などの指示(受験票を机の上に置く)に従わなかったこと1件

の計12件、とのことです。

センター試験 スマホ使用、電卓も…2日間で12件の不正行為
産経経新聞 1/15(日) 19:25配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170115-00000525-san-soci より。

やはり、電子機器を使った不正行為は多いですね。他の行為もやってしまいそうなことです。

新規生募集 無料体験講習実施中! 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

平塚中等教育学校は誰もが受検して合格する可能性はあるのか?

と言われたら、

そうではありません。

やはり“ある一定の基準”をクリアした子でないと合格しないと思います。

しかし、勘違いされている親も多いんです。
新規生募集 無料体験講習実施中! 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

よく中学受験の難関校を受けるお子様が、

“難しい問題は解けるけど簡単な問題が解けない”

という話しを聞きます。

本質的に理解をしていれば、このようなことは起こりません。

もし、こういうことが起こったら、これまでの勉強の仕方が、あまりにも“受験向き”だったということ。

つまり、1問1問しっかりじっくり考えるような勉強ではなく、ただ量をこなすような詰め込み型の勉強だったということです。

中学受験する子は暗記に頼って自分の頭で考えなくなってしまう
http://hgjuku.blog.jp/archives/4330315.html
本当に子供が理解する授業というのはどういう授業なのか?
http://hgjuku.blog.jp/archives/5798682.html


新規生募集 無料体験講習実施中! 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

教育にお金をかけ過ぎる家庭が子育てに失敗する時代


ついこの間までは、大手の進学塾や予備校に多大なお金をつぎ込んで子供を通わせ有名私立中学に入れることが「良し」とされていました。また、今でもそういう風潮があります。つまり、“お金をかければ良い教育が受けられる”と思われてきましたが、全くそうではない、と私は思います。そのような環境で育った子の多くは、はっきり言わせてもらえば、ろくな人間に育ちません。

偏差値の高い私立中学に子供を行かせるために、子供の大切な成長期なのに、大手進学塾の詰め込み暗記教育をさせてしまうと、自分では何も考えられなくなる子供になってしまうからです。

偏差値や合格実績にとらわれている塾の中身は実は大したことがない理由
http://hgjuku.blog.jp/archives/5188539.html
中学受験する目の死んだ子供たちを見てきて思ったこと その1
http://hgjuku.blog.jp/archives/4847147.html
中学受験する目の死んだ子供たちを見てきて思ったこと その2
http://hgjuku.blog.jp/archives/5164351.html

偏差値は高いんだろうけど自分じゃ何も行動できない中学生や高校生たち・・そういう子供たちを現場で見てきて本当にそう思いました。

そんなのは良い教育と言えますか?
新規生募集 無料体験講習実施中! 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

これから受験シーズンを迎えますが、その前に「受験に失敗」とか「不合格」なんて言葉、あまり聞きたくないですよね。確かに第一志望に合格することは、本人にとっても、家族にとっても嬉しいことでしょう。

しかし、万が一、第一志望に合格しなくても「道は開ける」ということです。励ましの言葉でもありません。普通の塾じゃこんなことは、今の時期、言わないですね。

けど、私は、このことについて、話したいことがあるんです。

私は、不合格なんて大したことがないと思っています。

学校なんて思っているほど大したことない所です。
大事なのは自分です。


自分自身も大学受験のときに2浪しまして、散々不合格をいただきました。けど、そこで、終わりじゃなかったです。自分の甘さも分かりましたし、やっと入れた大学時代はすごく楽しかった。今平塚に住んで、サーフィンを楽しめるのも、そのときに出会った神奈川の友人のおかげです。今では当時の暗かった浪人した2年間を笑って話せますね。

また、だからこそ、できない子の気持ちも考えて、これまで教えられたんだと思っています。そして、これからも、なかなか成績が上がらない子供たちをサポートしていきたいと思っているわけです。これが、簡単に合格してしまっては、人の気持ちなんて全くわからなくなってしまったでしょう。


新規生募集 無料体験講習実施中! 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

高校受験の志望校はご家庭で決めることがとても大切です。お子さんが学習塾へ行かれている場合には、塾のアドバイスを参考にするかもしれませんが、その塾がどのようなスタンスでお子さんにアドバイスするかは、大手学習塾と個人塾では全く違います。

大手進学塾の場合には、お子さんに挑戦させる場合が多いですね。それは、もし受かったら、お子さんも嬉しいし、塾の実績にもなるからです。お互いWin-Winの関係です。それが理想的ですが、そうならない場合もあります。模試が開催できるほど大手でも、そのデータは過去のものですから、参考にしかなりません。

滑り止めがあるから大丈夫!とは言っても、公立が第1志望の場合、不合格になったら滑り止めは私立ですし、学費がかなりかかってしまいます。それなのに、塾の実績のためだけに、勝手な考えで志望校を決めてしまうやり方には注意しましょう。
新規生募集 無料体験講習実施中! 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

↑このページのトップヘ