私立高校 のページ|平塚市のプロ講師による個別指導塾 堀口塾

私立高校のページです。
神奈川県平塚市八重咲町にある「堀口塾」はJR平塚駅前にあるプロ講師が塾長の個別指導塾です。
これまで駒場東邦・攻玉社、Z会東大マスター・代ゼミなどでプロ講師として教え、多くの生徒たちを
東大・京大・早慶・平塚中等などの合格に導いてきた塾長がこれからの新しい教育を語るブログです。

タグ:私立高校

高校受験では、公立を第一志望にする場合は、必ず滑り止めに私立を受験することになります。滑り止めなので、偏差値的には公立よりも、低い私立高校を選びますが、ここで注意しなければならないことは、行きたくもない私立は絶対に受験しないこと、です。

(参考記事)
公立に落ちて大手塾ご贔屓の私立なんかには絶対に行かないこと
http://hgjuku.blog.jp/archives/14643490.html


新規生募集 無料体験講習実施中! 冬期講習 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

今の時代“偏差値の高い私立に行かせればいいってもんじゃない”と思います。また、偏差値という文字を除いて“私立に行かせればいいってもんじゃない”とも思います。20年以上私学と関わってきて、本当にそう思うのです。

だから私的には偏差値の高い学校名をいくら聞いても全くピンと来ません。大事な、そして貴重な小学生時代を、長時間、塾の教室に缶詰にし、勉強をさせてまで合格させる価値は、果たしてあるのだろうか?・・・私は全くないと思います。

暗記詰め込み型の教育はもういらない
http://hgjuku.blog.jp/archives/16404094.html

偏差値が高い私立へただ通い、子供が何を得るのだろう?と思うと・・実際にそのような学校で働いた経験から、子供本人はほとんど変わらないんじゃないか、と思います。

有名私立校の落とし穴
http://hgjuku.blog.jp/archives/18191919.html

確かに、少し前までは私立へ行く価値はありました。


新規生募集 無料体験講習実施中! 冬期講習 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

地元の公立校はちょっと・・・という安易な発想で私立受験をされる方も多いですが、ワタシ的にちょっと待ってください・・と言わせて頂きます。

これまでたくさんの私立校の教壇に立ってきて思うのが、その学校を選んだからと言って決して安心できない、ということです。

内部で働いてみれば本当によくわかります。名前の有名な私立校であっても

“落とし穴”

というのがあります。

その一つが・・

新規生募集 無料体験講習実施中! 冬期講習 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

私立中高に勤める講師仲間からのメールに書かれた今の私立の現状
の続きです。

学校外部の一般の人には全くわからないことでも、中で働く教師がわかることってとても多いんですよね。

けど教師は言わない。だから学校の内部って、全くと言っていいほど、外部の人にはわからない。

高価な物を買うときは、一生懸命調べて選びますよね?車だって、家だって、土地だって、購入する前は色々と調べます。

学校説明会で大切なこと その2
http://hgjuku.blog.jp/archives/6009379.html

けど、多くの親は、学校選びにおいて、それほど調べません。なぜあまり調べないで偏差値だけで選ぶのかが、とても不思議です。

子供の将来にも影響することなのに・・

また、年間を通して学費がものすごくかかるのに・・

偏差値が高い学校=優れた学校

有名な学校=良い学校

では、ぜーんぜん、ありません。

昔の評判は見事に今、崩れ落ちています。

「都内私立高校の教室で3人がナイフ刺傷の事件」を考える
http://hgjuku.blog.jp/archives/8269187.html
大学受験に向けて私立中高一貫校に合格しても決して安心はできません
http://hgjuku.blog.jp/archives/5370661.html

新規生募集 無料体験講習実施中! 冬期講習 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

前回は、塾の宿題は出しゃいいってもんじゃない、という記事を書きました。

宿題は出す側と出される側のバランスが大切です。

以前・・もう20年くらい前でしょうか、とある私立高校で家庭学習用のプリントをたくさん作って、たくさん生徒に配っていました。生徒たちは喜んでいましたが、果たして、これって私が配った分だけ、生徒たちの役に立っているのだろうか?ひょっとしたら自分がプリントを作ったという事実を生徒たちに押し付けているんだろうか?ということで考えました。

そして、もう少し考えて、生徒が必要な分を配ることがベストであるという結論に達しました。そして、プリントが要らないよう、授業で生徒たちの頭に入るように工夫しました。


新規生募集 無料体験講習実施中! 冬期講習 20名様限定!
お申込みは堀口塾のホームページより→http://www.horiguchijuku.com/続きを読む

↑このページのトップヘ