堀口塾【令和6年度平塚中等合格者数増】堀口塾長がマジで語るブログ~地頭鍛えて公立中高一貫平塚中等・高校合格を目指す堀口塾

1万人の生徒を指導した平塚の堀口塾長がこれからの教育をマジで語るブログ。 これまでの指導経験から教育や受験についてを僕が感じたありのままに書きますので、何か読者の方々の参考になれば幸いです。 平塚市の個別指導塾「堀口塾」は開校以来三年連続で平塚中等教育学校への合格実績!高校受験ではトップ校をはじめ第一志望校への合格者が続々!プロ講師として最大手予備校や難関私立校などで1万人以上教え、多くの生徒を東大、京大、早慶などの難関大学に送り込んだ塾長が子供の良さを引き出し伸び伸び学習させる指導をする個別指導塾です。

平塚の個別指導塾「堀口塾」は開校以来三年連続の平塚中等教育学校への合格実績!高校受験では第一志望校に合格者が続々!堀口塾はプロ講師として最大手予備校や難関私立トップ校などで1万人以上教え、多くの生徒を東大、京大、早慶などの難関大学に送り込んだ塾長が子供の良さを引き出し伸び伸び学習させる指導をする個別指導塾です。

2017年03月

db74ce13a59ee1f6a2745b4777987faa_s


このブログでもたくさん書いていますが、お子さんの入試や受験の大事なポイントというのは、

周りの受験情報に流されないこと

です。これはしっかりと自分の中の軸をしっかりと持ち、お子さんに合う教育環境を選ぶことです。しかし、ここで邪魔になるのが、ママさん情報です。そういうものに流されてはいけません。

ママ友ほど厄介なものはない
http://hgjuku.blog.jp/archives/14740828.html

例えば、ママさんグループの中でみんな同じ塾へ行くのにうちだけ違う塾へ行く・・こうなると、うちだけ仲間はずれになるのかな?という心配もあるでしょう。

続きを読む

中学校の2学期期末試験も終わり、昨年末に大手の他塾様から当塾に移られて通塾している中学生の生徒さんの保護者様から、こんなメッセージを頂きました。

「環境の変化が、こんなにも、本人の様子に変化をもたらすことに、家族で驚いています。」

※掲載はお母さまへの了承済みです


生徒さんは、今まで頑張ってきたのですが、成績が下がり続けてしまい、うちに来て定期テストでトータル20点もアップしました。


本当によかったと思います。
続きを読む

IMG_9663

昨日の日曜日は息子のサッカーの卒団式でした。

6年生対1年生
6年生対2年生
6年生対3年生
6年生対4年生
6年生対5年生

こんな感じで6年生はこの日、午前中はフル出場でした。私も午後からの親子サッカー対決で体を動かしました。


入団した幼稚園児の時は、続けられるのかどうか心配しましたが、6年生まで立派に続けられました。

というか、途中で子供がサッカーを勝手に好きになって、どんどんのめり込んでいきました。

それからは、親が心配しなくても、彼にとって、土日はサッカーをするのが当然になりました。


息子がサッカーをこれほど好きになったのには、やはりキッカケがあったんですね。続きを読む

image


昨日、3月17日(金)は子供がお世話になった小学校の卒業式でした。この間、子供が入学してから6年間。本当にあっという間です。時間が経つのは早いものですね。

さて、小学校の卒業式ですが、私はPTA来賓や上の子の卒業式などで、何度か見ていますが、ストーリー仕立てで面白いんですね。以前、港小の卒業生のパパ仲間が「昔とは違うね~!」とびっくりしていました。

子供たちの声がけが突然始まり、その間に、校長先生や自治会長さんの話などが入ります。そして、子供たちの合唱が入り、流れるように進行していきます。初めて観たときは驚いて感動してしまいました。

続きを読む

勉強はやっぱり“コソ練”が大切です


私が思うに塾は“コソ練”なんじゃないかと思います。コソ練て友人から離れて、こっそりと一人で練習することです。


友人たちから離れてこっそりと一人で学習すると、集中力や自立心も増しすごく効果的です。


以前、スノーボードに夢中だったとき、みんなでゲレンデに行く前に、平日仕事帰りに室内ゲレンデで友人がいたんですよ。その彼、“コソ練”していたんですね。

そしたら、キッカーで飛んで回転したり・・いつの間にか、ものすごく上手くなっていて、びっくりしました。

コソ練てすげーな、と思いました。

続きを読む

IMG_9581

これまで子供のサッカーの大会でたくさん応援に来た大神スポーツ広場もこれで最後か・・

そう思いながら、小学校最後の大会である平塚の少年サッカーの大会であるサムカップを見ていました。最後の応援ですね。試合中はみんなで大声で声援を送りました。

我がチームは正直、強いチームとは言い難く、どちらかというと負けが多い感じですね。チャンスはあるのですが攻めきれずあと一歩で点が取れません。いつもだいたいそんな感じで負けてしまいます。

応援に来ているおじいちゃんとも「また今日も負けましたね」なんて話をします。けど、負けてしまうと、なぜいつも勝てないんだろう・・と思いますね。もっとチームが強くならないかなぁ、なんてついつも思っていました。これが親としての素直な気持ちです。

しかし!

勝敗だけにとらわれずに見てみますと、実は成長したところがたくさんあるんですよね。

その一つが、ディフェンスが厚くなり大量失点がなくなった、ということです。負けてもだいたい、失点が1〜2点なんですよね。もちろん勝つ時もそうです。
続きを読む

サムカップ二日目はトーナメント戦。

一回戦は残念ながら負けてしまいました。

しかし、この試合、本当に悔しかったなぁ。

セットプレーから1点先取されました。そのあと、息子が相手に倒されうずくまっていてなかなか起き上がれなくて、そこで試合の流れがおかしくなり、こちらの緊張感が抜けて、また1点とられてしまいました。

男の子ですからね、相手のラフプレーに負けるなよ!という思いもあるのですが、さすがにあの場面は試合を止めるべきだったでしょう。

そして息子もまた立ち上がってプレイ。

そして私は叫びました。
続きを読む

desert-3153574_1920

先日、藤沢市の小学校にお子様が通っているお母さまがご相談にお越し下さり塾長面談を行いました。

この日はちょうど休塾日でもあったのですが、色々な内容のお話を致しました。

その時に出た話なのですが・・

続きを読む

↑このページのトップヘ