fife-6135609_1920

受験を終えた生徒たちの表情を見ると『やり切った』という表情がよくわかります。

合格を掴むために必死に勉強に取り組んだわけですから、当然といえば当然ですが、

見ていて

「ほんとよくやったね!」

なんて私も心の中で思っている、

というか、受験生たちに声をかけます。(笑)

その中でも、

『本当にその学校に合格したい』

という“非常に強い気持ち”を持って受験に臨んだ子は、

やはり表情が“違い”ます。

自信というか何というか、

“ここまでやって不合格になったら仕方ない”

という覚悟もできているんだと思います。

不合格になったらもちろん辛いですが、

不合格なんて言う言葉を跳ね飛ばすくらい、活き活きとしています。

公立中高一貫校受検でも、高校受験でも、そこまで真剣に取り組めれば本望です。

そして、そのあとに『合格』という結果もついてくるのだと思います。

今の世の中、何かに本気で取り組む人は少ないと思います。

そういう中、受験というのは、本気で何かに取り組めるようになる練習でもありますね。