feather-g051b229a9_1920


神奈川県の公立高校入試が終わりました。

受験生たちは自己採点をし、自分が合格しているかどうか?

がすごく気になっているところだと思います。

公立高校入試は、毎年倍率の高低の変化がある中で、昨年度を参考におおよそのラインで合格は決まるというものの、合格・不合格はやはり蓋を開けてみなければわかりません。

神奈川県内の学習塾が、こぞって今年度の難易度とか平均点とか解き方とかいろいろ情報発信し、受験生と受験生の親を煽っていますね。

こんな情報に振り回されないほうがいいですね。

皆さんかなり振り回されてしまっていますけれど(笑)

3/1の合格発表までの日々、これもやはり、公立中高一貫受検と同じで、YouTubeでもお話ししましたが、余計なことは考えず、心穏やかに待つのがいいでしょう。

けど、高校受験の場合、実際のところ中学校のクラスメート全員が受験するわけですから、出来が良くなかった子は出来が良かった子の話なんて聞きたくないし、周りがどうのこうの、言いたくないこともあったり、別に知らなくてもいいことが耳に入ってきたりと・・・本当に面倒ですね。

やっぱり、こんな狭い高校受験なんてさっさと終わらせて、大学や将来に照準を合わせて動いた方が絶対にいいですね。

高校受験に命かけてる受験生の親が多いけど、私は高校受験なんてその程度だと思います。

大事なのはその先だと思います。