cathedral-8318952_1280

平塚中等教育学校を受検する小学6年生、保護者との三者面談の全日程が終了した。

生徒のこと、親を通して色々分かったし・・僕が思ったのはシンプルに、

受験生ならもっと勉強しよう

ということだ。
小学生達は自分のことは正直には言わないもの。

だから三者面談が不可欠です。

三者面談では僕から親へ真実を伝え、親も驚くことが多いですね。

子供は親に怒られるのが嫌だから言いません。

まだまだ受験生としての自覚が足りなくて、あれだけ授業で勉強するよう言ってもやらない子は、合格する気あるの?と思うし、そのことは面談でも言いました。

倍率5倍の受験。

勉強やってもやってもなかなか合格しないのが中等受験です。

これは何度も何度も言ってきました。

しかし、いつもそうだが、今回も親を通して色々分かったことは大きかった。

これから心を入れ替えてやる!と決心したご家庭もあるし、今から本気出せば戦えるステージに立てる可能性も高い。

そう、今が本当にほんと、ラストチャンスです!

親も自分の子の現状を把握して頑張って欲しい、というか、ちゃんと把握して上手く導く親が合格します。

特に母親の役割が大きいのは言うまでもないです。

頑張って行きましょう!

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。