公立中高一貫校対策コースの受講が遅すぎる方の例、という2年前に書いた記事がおかげさまで大変好評でたくさん読まれています。

この記事の内容については、直接読んでいただきたいが、これは何においても同じことで、決断が速い人が有利ということである。

公立中高一貫校対策コースの受講が遅すぎる方の例
http://hgjuku.blog.jp/archives/39379092.html

一つのことを決める時にもたもたする親は多いが、それでは好機を逃してしまう。今までもそうだったのではないだろうか?それによって子供も悪い影響を受ける。気持ちよくスタートを切れないケースも多いだろう。

ちなみに、以前も書いたが、堀口塾には入塾前に無料体験があるのだが、無料体験なしで入っていただくお子さんもいる。

親が「堀口塾へ行こう」とすでに決めて下さったようで、こういう物事をスパっと決断し行動できる親の子が伸びるわけである。特に母親。直感で決め行動できる母親は塾選びでももたつかず、子供も伸びる傾向にある。

僕が思うに、このような親に備わる3つの成功要素。
・行動力・・入塾のタイミング、いい機会を逃さない。
・問題解決能力・・決断を下すことができれば、今後何か問題が起こっても解決できる。
・けん引する力・・決断力がないと子供を引っ張れない、受験本番までモチベーションを保ち応援する力を持っている。

以前、無料体験無しで入塾していただいたお子さんが、平塚中等教育学校に見事合格しました。