squirrel-8367079_1280

子供を甘やかして育てると受験は失敗する、ということはよく言われること。

子供がいけないことをしたり、やるべきことをやらなかったらビシッと叱れる親でないといけません。これは躾として当然のことでしょう。

子供を甘く育てると受験に合格しない理由を3つ説明します。

子供を甘やかして育てると受験に失敗する理由

1.自己管理能力の欠如
もし親が何でも許してしまう場合、子供に自己管理能力がつきません。例えば宿題を仕上げる時も期限までにやらない、というか、できません。忘れ物もよくします。自己管理能力が欠如すると、合格に向けて勉強することも困難で合格することは難しくなります。

2.目標への意欲がない
目標の欠如。甘やかされた環境では、目標達成への意欲が低下する可能性があります。目標とは何か?をわかっていませんし、達成意欲もない。だから、それを達成するためには何をすべきか?も自分で考え実行することはできなくなっています。

3.ストレス管理能力の不足
プレッシャーに弱い。受験期間は一般的にプレッシャーやストレスがかかるもの。甘やかされた環境では、子供がストレスに適応する方法を身につける機会が不足する可能性がある。塾でも大事な提出日に必ず休む子がいます。こういう子の場合、精神的な健康や学習の進度に影響を与えてしまうことがあります。

堀口塾は個人塾なので塾長の僕が以上のことなどを考え、一人一人アドバイスをしていきます。塾長が一人一人把握して進めて行けるのが個人塾の良さだと思っています。

子供が受験で合格して欲しい場合、以上のことを参考にしてみるといいと思います。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。