堀口塾【令和6年度平塚中等合格者数増】堀口塾長がマジで語るブログ~地頭鍛えて公立中高一貫平塚中等・高校合格を目指す堀口塾

1万人の生徒を指導した平塚の堀口塾長がこれからの教育をマジで語るブログ。 これまでの指導経験から教育や受験についてを僕が感じたありのままに書きますので、何か読者の方々の参考になれば幸いです。 平塚市の個別指導塾「堀口塾」は開校以来三年連続で平塚中等教育学校への合格実績!高校受験ではトップ校をはじめ第一志望校への合格者が続々!プロ講師として最大手予備校や難関私立校などで1万人以上教え、多くの生徒を東大、京大、早慶などの難関大学に送り込んだ塾長が子供の良さを引き出し伸び伸び学習させる指導をする個別指導塾です。

平塚の個別指導塾「堀口塾」は開校以来三年連続の平塚中等教育学校への合格実績!高校受験では第一志望校に合格者が続々!堀口塾はプロ講師として最大手予備校や難関私立トップ校などで1万人以上教え、多くの生徒を東大、京大、早慶などの難関大学に送り込んだ塾長が子供の良さを引き出し伸び伸び学習させる指導をする個別指導塾です。

カテゴリ:【堀口塾】の口コミ・料金をチェック > 堀口塾 情報

deer-7124972_1280

令和6年度平塚中等教育学校適性検査が本日終わりました。

おつかれさまでした!

本番終了後、堀口塾生達は教室に集まり、正解がまだ出ていない中、皆で正解をあーだこーだグループ活動で話し合って決めていました。

皆さん、やり切った!ということで、出来はともかく、すごく楽しそうでしたよ!

それを見て、僕は感慨深いものがありました。

その時の気持ちはTwitterでメモしておいたのでよかった見てみて下さい。(インスタでも公開中です!)

今はもう問題と解答も公開されましたね。

こちらのカナロコさんのページよりどうぞ。
2024年度 神奈川県内公立中高一貫校入試 問題と解答

令和6年度平塚中等教育学校適性検査の合格ボーダーラインはどうなる?というテーマで書きますが、あくまでも堀口塾と僕のこれまでの指導をベースにした考えで書きますので、その辺はご了承くださいね。

続きを読む

IMG_2599

令和6年度、平塚中等教育学校の倍率が発表されました。

今年は昨年と比べてどう変化したのでしょうか。

以下、ご覧を下さい。続きを読む

ホワイトボードアップロゴ2

【3月・4月スタート生】
只今、2023年度平塚中等対策コース受講生募集中です。
3月・4月からスタートしたい方、対象となります。

6年生コース 残り2名
5年生コース 残りわずか
4年生コース 残り1名

2023年2月現在、残り僅かとなっておりますので、お申込みはお早めにどうぞ。

続きを読む

sky-gc9c2f2c15_1920

公立中高一貫校の合格ボーダーラインは調べても無駄なんですよね。

だからやめた方がいいのに、と毎年思います。

理由はこちらの記事に書きました。

2022年平塚中等教育学校入試の合格ボーダーラインはどうなる?
http://hgjuku.blog.jp/archives/39592161.html

続きを読む

flower-5768092_1920

2月15日、2021年度神奈川県公立高校入試の筆記試験が無事終了しました。

今年は2月14日が日曜のため2月15日に行われましたが、神奈川県公立高校入試は毎年バレンタインデーと同じ日なのでわかりやすいです。

堀口塾の生徒たちも体調万全で受験会場に向かったことと思います。

続きを読む

waves-5635959_1920

今年の平塚中等・相模原中等受検の合格ラインと気になる問題
の続き。

さて、気になる合格ラインについては、毎年、多くの人がネット上で検索しているが、毎年問題の難易度も変わるし、部分点のつけ方もあるし、また、適性とみなされる基準が我々にはわからないので、あまり気にし過ぎるのは時間の無駄だ。私立中学受験とは違う。

続きを読む

pipit-5683656_1920


今年の平塚・相模原中等教育学校における適性検査の倍率が発表された。

平塚中等教育学校に関しては、男女共に昨年度よりも上昇した。

倍率はこちらよりどうぞ。

連続合格実績の堀口塾「平塚中等受検対策コース」
https://www.horiguchijuku.com/hiratsukachuto/

続きを読む

2021年度(令和3年度)の神奈川県立平塚中等教育学校における志願倍率が、神奈川県教育委員会より発表されました。



堀口塾恒例!カンヅメ特訓が無事終了【平塚中等対策コース】
http://hgjuku.blog.jp/archives/36953749.html


適性検査グループ活動における「いいと思います星人」とは?
http://hgjuku.blog.jp/archives/36913696.html


小学生の自由研究(7)探究活動【堀口塾 平塚中等対策コース】
http://hgjuku.blog.jp/archives/36746354.html

続きを読む

okinawa-746643_1920

平塚市内の中学1年生の生徒さん、
中間考査の英語で学年最高点98点をゲット!

おめでとう!!

続きを読む

flowers-1381133_1920


平塚中等教育学校の合格、おめでとうございます。

堀口塾からは、今年も平塚中等教育学校の合格者が出ました。(※堀口塾HPブログ記事

続きを読む

daisy-1403041_1920

先日、小学生の生徒さんの保護者から、とても嬉しいご報告をいただきました。

「二重丸◎の数が8個も増えて倍になりました」

とのことでした。

二重丸◎というのは通知表の最高評価のことです。

この数が倍ということですからね・・すごい!!

これを聞いて私は、

「ほんとですかー!良かったですね~!!」

と大喜び。

予期せぬ報告だっただけに、本当に嬉しいかったです。

続きを読む

サザンビーチちがさき花火大会

8月4日(土)に開催された茅ヶ崎の花火大会「サザンビーチちがさき花火大会」を見に行ってきました。前回行った以来、3年ぶりくらいでしょうか、久しぶりでしたね。

今回は自転車でサザンビーチまで行ってみようと思いましたが、そこまでは行かず、結局、柳島の少し先まで自転車で行き鑑賞しました。打ち上げポイントからは遠かったですが、今回もとてもよく見えました。
続きを読む

堀口剛著 技術評論社「力学の基礎」
力学の基礎 (これでわかった!)


先日、塾に通う高校生の生徒さんが「先生、アマゾンで売ってたので買いました」と言いながら、私が書いた本『力学の基礎』を見せてくれました。

「おぉ〜ありがとう!!」

と嬉しさのあまり大きめの声で言ってしまいました。

そして・・
続きを読む

可愛い子には旅をさせよ

いよいよ新年度がスタート!

このブログの読者の方々で

お子さんが新たなスタートを迎えた方も多いのではないでしょうか。

当塾の塾生たちも、

新しい学校生活のスタートがスタートしました。

さて、入学式を終えた生徒さんが塾に来ました。

続きを読む

いつもブログの閲覧ありがとうございます!

先日、面談で初めてお会いした保護者の方が

「1年前から読んでいました」

と聞きまして、本当に嬉しかったです。

1年前なんて・・・・。

「やっと来ることができました!」

と聞いた瞬間、

「そんな・・ありがとうございます!!」

と頭を下げました。

本当にありがたいことです。

1年前はと言いますと・・・

続きを読む

今回の中学生の期末テストはやはり中間テストよりも全体的に難しかったようですね。生徒さんたち、みなさん、苦戦しておりました。

しかし、素点で下がっても、平均に対してはどうなのか?を考えることが、点数の本当の意味を考えることになります。

さて、今回の期末テストの結果で、保護者から嬉しいご報告メールをいただきました!!
続きを読む

今年の夏の夏期講習も無事終了し、

9月からの学校がスタート

しました。

夏休みは、ダラっと過ごしがちですが、しっかり通ってくれた生徒さんたちは、学習の時間も確保できたことでしょう。(これから、良いことが待っていますよ)

夏期講習の様子はこちらよりどうぞ。

さて、小学生たちは、9月の授業が始まって早々、

「先生、100点とりました~!!」

なんて声が教室に響き渡っております。
続きを読む

保護者面談のとき、

「将来、子供には好きなことを仕事にしてもらいたい」

というお言葉がお母さんから出ました。

それを聞いたとき、私はすごく嬉しかったんですよね。

「はい、そうですね。」

と大賛成を致しました。

私自身もそういう考えで今までやってきていますし、仕事選びに関しても本当にそう思います。

実際に好きなことを自分の職業として、今までやってきました。

もちろん自分の子供にもそうなってもらいたいと思っています。

さて、

“好きなことを仕事にしたい”

なんて言うと、

「なんて甘いことを言っているの?」

「生活はどうするの?」

なんて言う方もきっと多いでしょう。

しかし、それって、どうなのでしょう?続きを読む

たくさんのテキストをいきたりもらって、さぁ勉強をするぞ!と思っても、実際はなかなかできません。こういう気持ちは最初だけです。

子供が勉強するためには何が必要なのでしょうか?

良いテキスト?

良い先生?

・・確かに、必要ですが、皆に共通する大事なことがあると私は考えます。続きを読む

勉強でも何でも、この「できるキッカケ」や「わかるキッカケ」というものが、大切です。

キッカケをつかんだ生徒は強い!

けど、何事もスタートは、ほんのわずかな理解からです。

わからない単元も、とても小さい内容からまずは理解していって、それを続けていくと、そのうち大きな範囲の理解につながっていきます。
続きを読む

↑このページのトップヘ